2006年10月31日

真夜中のセッション

DSC_0005.jpg
Photo≫カメラを向けると…ポーズをとらねば気がすまない

28日から29日、公私ともに長いお付き合いの知人、閑月氏が呑みに来た。

6、7年前、ある文化施設計画のプロジェクトで知り合い、千葉県某所でのプレゼン、会議の後、東京駅地下のアメポテでギネス一杯やりながら、2人で打ち上げをしたのが親しくなった切っ掛けだった。ほんの小1時間の語らいだったが、仕事の話以外の山村の古民家での暮らし、陶磁器や陶芸、著書の話や雑誌の連載とその取材裏話、音楽、特にJazz、Webなど趣味のジャンルで盛り上がり、気がつけば7年ほどのお付き合いである。

我がWeb開設も、閑月氏のお誘いがあったからなのだ。トップページの「真田創造工房」のリンク用バナーは氏の作品である。
Web開設は我輩も考えていたのだが、何せこの性格、どっぷりと嵌ってしまい大変なことになるだろうと距離を置いていたのだ。我がWebのコンセプトは、「私なりの総合雑誌、電子瓦版」で、森羅万象、コンテンツは無限と思っていた。
当時、閑月氏のHPを覗くと、富士山、陶芸、Jazz、写真、家族、海岸寺などなど、実に充実した内容で、我輩の目指すものに近かった。コンサルタントとして全国を飛び回る忙しい彼に、何時、サイトを作り管理する時間があるのだろうと感心したのだ。 閑月窯工房
すばらしい「趣味人」だった。

我輩自身、「生き方=仕事」と構え歩んでいるので、仕事だけの付き合いというよりは、公氏共々という仲間の方が多い。よく「趣味=仕事」で羨ましいといわれるが、いやいや…そんな簡単に趣味を仕事にできない。精神的に自らを磨き、より文化的な暮らしに身を置くなど常に鍛えていないとダメなのである。

この点、閑月氏とは共通項が多い。趣味が広く、音楽を愛し、酒を好み、料理を楽しみ、語らいのひと時を大切にするのである。
両親の世代が近く、兄弟の構成と青春時代がほぼ同じで、大自然の中で育ったせいか…。
氏を尊敬できるところは「人生10年計画」で、故郷、八ヶ岳の裾野の清里を復興しようとする様々な活動だ。
彼の実家に陶芸窯を築いたセミプロ級の「陶芸活動」や、育った地域の海岸寺の「寺起こし」、また、休耕田が多かった「棚田復興活動」など、定年の20年前から着々と進めている。

今回の酒宴は、数年前からお互いの本拠地で「一杯」やろうと誓っていたもの。我がアトリエのワークショップ&酒宴(インドカリーや寒鰤など)にもお誘いしたがお忙しく、ようやく酒宴となった。
閑月氏が持参したJazzのお気に入りのレコードを、真空管アンプとJBLスピーカーの組合せの我がシステムで鳴らし、話に花が咲いたのはいうまでもない。
一夜限りのジャズ・バーと化した我がアトリエが閉店したのは、夜中の3時だった。

前日の28日、長野市のフリーライター北沢房子女史(我輩の知人である閑月氏と我がWebでいつの間にか友達になり、偶然、氏の姉上夫婦が長野で美容室を営んでいると判明。彼女はコメンテーターとしてTVに出演するとき和服なのだが、以来、専属のヘアメイク担当となったそうな…)が、氏を真田町の長谷寺を巡った後、我がアトリエに道案内してくれた。到着するやいなや、車から八ヶ岳での収穫が出てくる出てくる。自慢の米、野菜などを車いっぱいに積んでの参上だった。

翌日は、池波正太郎ファンの閑月氏のリクエストを聞きながら、真田町の真田本城、上田市にある大輪寺へ真田昌幸の正室・寒松院の墓、骨董屋・光雅堂を巡り、昼飯に蕎麦屋・東都庵(刀屋は日曜定休なので…)へ。その後、上田城を歩き、上田市立博物館を覗き、2時頃、散会となった。

次回はワインをもって我輩が八ヶ岳に参りますので、ど〜ぞ、宜しく。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2006年10月17日

霜の菅平ダムと浅間山の夜明け

DSC_0027.jpg
Photo≫夜明け直前の菅平ダムと噴煙を吐く浅間山(奥に見える山並みの左端)

昨夕の天気予報で菅平地方に霜注意報が出た。久々に夜明けでも撮りに行くか…とカメラの用意をする。新聞をチェックすると日出は5時57分。たぶん氷点下に近い外気温だろう。
昨夜は三日月がありながらも星が美しく、放射冷却で明け方の冷え込みは確実だ。

今朝、4時過ぎに目が覚めた。外はまだ暗いが初冬のような空気。執務室はかなり寒い。薪ストーブに火を付け部屋を暖め、珈琲を淹れ、撮影の用意に取り掛かる。
5時20分頃、菅平へと向う。東の山の稜線が逆光の中に浮かび美しい光景が刻一刻と変化していく。5分も走ると菅平ダムだ。

車外に出ると流石に寒い。外気温1.7℃。

足元の露が凍り始め、あっという間に霜になっていく。最低気温とは夜明け直前の温度のこと。この時期の霜は夜明け前に突然出現する。

DSC_0054.jpg
Photo≫愛車サファリの周囲に、斑点状のうっすらと白い霜が…

逆光の浅間山が噴煙を上げている。軽井沢から眺める浅間山しか知らないと思うが(すなわち、真南から)、西北西から望むとこのようなフォルムとなる。

浅間山といえば先週の13日、東大地震研究所と全国9大学と気象庁が共同で、人工地震による浅間山の構造探査が行われた。岩盤とマグマの密度の差により地震波が屈折する現象を使って、火山内のマグマの分布と供給ルートを解明し、より精度の高い噴火予測を目指しているらしい。
東御市湯の丸スキー場、小諸市や北佐久郡軽井沢町、群馬県嬬恋村など火口から半径約15キロ以内の5カ所の地下に仕掛けたダイナマイトを爆破、地震波は臨時に設けた約650基の地震計で計測した。測定した地震波の分析は、来年2月をめどに結果をまとめるという。

浅間山から続く湯の丸、四阿山、根子岳、高山村の御飯山、草津町の白根山などの一帯は上信越国立公園。豊かな自然の深い山々には、数々の温泉が分布し、国内屈指の火山地帯だ。

ところで、ここ2、3日の冷え込みでようやく紅葉が始まった。今年の紅葉は余り美しくないようだ。少雨と突然の寒さで、紅葉の前に葉が落ちてしまい、錦の絨毯というよりは、シラクモにやられたタヌキの毛皮という感じか…。すみません。少々、品のない表現で…。

さて、国際リゾートセンターの傍のセブンイレブンで、切らしていた牛乳を買って下るとするか。アトリエでカフェオレを楽しみながら、撮影したデジカメの画像データの現像をしよう。

あっ…セブンイレブンが開いていない。シーズン・オフの営業時間変更を忘れていた。

安藤州平Webアトリエ






【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2006年10月15日

さっ…寒い。今朝2℃。本州で一番寒い信州菅平高原の麓の朝

0001_2.JPG
Photo≫目がテン!今朝の温度2℃

夜明け前、余りの寒さに目が覚める。

あぁ〜寒い。

薪ストーブを焚こうと薪を取りにアトリエの庭に出る。ブルッ!と振るえ、寒さに全身が緊張し、頭が一発で目覚める。

朝の日課で外気温度計を見るとご覧の通り、何と2℃。おいおい、まだ10月の2週目で、小笠原諸島には大型の台風18号が来ているし、まだまだ秋だぞ。ろくに紅葉もしていないのに…。

そういえば、先週もこんなパターンで冷えた。太平洋沖で台風2つと低気圧が合体し、急激に発達、一時的な西高東低の冬型の気圧配置になって、船や登山者の遭難が相次いだ。
実際、昼過ぎから北風が強くなってきて、まるで冬の季節風のような様子だ。

我がアトリエから10分の菅平高原は、冬、本州で一番寒い。北海道の旭川とほぼ同じと言われている。ここで2℃であれば、標高差300mなので、菅平は場所によっては氷点下だろう。

新聞屋が朝刊を持ってきた。ご苦労さん。
朝一のニュースで国連安保理が、北朝鮮の制裁決起を全会一致で採択したと伝えた。詳細はどうなのだろうか…。

寒い。薪を運んで早くストーブを焚き、珈琲でも淹れよう。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】

2006年10月09日

竹馬の友 札幌より来る

0001_1.JPG
Photo≫オヤジ期に突入した幼馴染との不定期呑み会の翌朝

先週、携帯電話に懐かしい友人から連絡があった。小言甘辛放談2004年4月11日に登場し、北海道小樽市で医師として活躍するY関和氏である。上田市に数日帰ってくるので一杯やらないか…とのこと。

久々の嬉しい誘いである。

連絡は殆どとらない間柄なのだが、我がWebアトリエに頻繁に訪問しているようで、こちらの情勢を良く知っている。2年ぶりの呑み会とは思えないほど盛り上がるのである。

7日の夕暮れ、心地よい排気音を轟かせながら軽のオープンカーに乗って現れ、小樽の地酒・北の誉・平成17酒造年度金賞受賞の大吟醸と彼の母上からの赤ワイン・ボルドー2本、札幌の絶品・ロイズのビター生チョコを抱えてやってきた。
「お前のはまり方は半端じゃないねぇ」とニヤニヤ笑いながらブログにアップしていたワインセラーとシガーバーを見て、「葉巻も熟成ありか?一箱あるから俺も試してみるか」と、アトリエ内の変更箇所を早速確認。

ナメコと昆布の佃煮で北の誉を開けて、オヤジ期に突入した幼馴染との不定期呑み会のスタートだ。

我輩の手料理は、地元の原木木野子のヒラタケ、シメジ、エリンギと大根の千切りバター酒蒸し、菅平の蒸かしジャガイモの南蛮味噌(菅平のシェフ・三井勝氏製)添え、特製ソーセージのボイルとカレー風味ザワークラウト。翌朝はプルーンとバナナの生ジュースと淹れたて珈琲。

以下、話題に上がったテーマ。覚えていることのみ列記する。

●世代が若返りすぎ、混迷末期に陥った信州の日本酒と酒販店
●15年前と今回のマイブームとしてのワイン道楽のコンセプトの違いについて、さらに、イラク戦争以降のワイン業界とその価格の動向
●市長という地方政治家の器量をJT上田工場跡地再開発問題と市立小樽病院移転問題から考える
●人口16万規模の都市における大開発とグランドデザイン難しさと面白さ
●ブログに登場したミッチーさんとのやりとり「メディア論」及び「編集論」について
●古典哲学「言葉はメディア」を忘れたIT時代。「ITデバイス」でなく何時の時代にもある「ランゲージ・デバイス」から見直さないとマズイ時代
●家族、息子と娘、妻
●教育における近代史について。戦前、戦中を生きていた祖父などの生きた証言を聞く大切さ
●彼曰く「君の父上と呑みたい」とのこと。我輩の呑み仲間と酒宴でメインゲストとして呼ばなければ…
●「趣味は探すもの」より「見つけるもの」。その前に「没頭」できるかどうか…
●PCのマッキントッシュ、デジカメと銀塩写真のニコンとライカから見た「道具」におけるデジタルとアナログ論。道具は手の延長「文化史」そのもの。
●マイルス・デイビス一派のジャズで我がオーディオ・システムのスピーカーJBL/L45の試聴…ウーハーが小熟れていいサウンドになったとの彼の評価 
●民放ローカル局における情報番組論と生放送のTVコメンテーターという難しい仕事
●正しい火遊びについて(誤解のないように…火を熾す、または焚くことです)

日も暮れ、冷えてきたので、薪ストーブの点火を彼に頼むが、どうやらストーブが不調の様子。「火を見る楽しさは男しか分からない」となり、薪ストーブが「箱型囲炉裏」と化し、燃焼室のドアを開けっ放しにして、火を楽しみながらワインタイムに移行。煙の中で這い蹲るように呑んでいたのが今回の呑み会の特徴。
抜栓した赤ワインは頂いたヴァン・ドゥ・ペイ・コトー・ドゥ・ミラモン2004年、シャトー・シサック1989年、シャペル・ドゥ・ラ・ミッション・オー・ブリオン2002年。

彼が帰った昨日の夕方、煙突を確認したところ、今回、猛威を振るった低気圧の影響か、屋外の直角煙突が大量の煤などで詰まっていた。たぶん強風による煙突の振動、大雨で剥がれ落ちた固形化した煤とタールが原因。薪ストーブの試運転直後のトラブル。和君、すんません。

翌朝、ダンディーなオヤジ2人は、かなり燻された状態だったようである。これを「ミスター燻し銀」という。

そうそう、和君、足らないことがあったら書き込んでくださいな。

えっ!「北朝鮮が地下核実験を行った模様」と、某公共放送のTVニュースが伝えた。本当か…!?阿部首相は中韓訪問中だぞ。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】

2006年10月03日

薪ストーブの試験運転

DSC_6960.jpg
Photo≫今シーズン初の"薪ストーブの試験運転"

ついに、薪ストーブの試験運転をしている。いい調子で燃えている。
煙突も問題ないようだ。
焚き付けの使い済み割り箸も使いやすい。呑み仲間の菅平のシェフ・三井勝君が、ここ半年ほど届けてくれるのだ。

試験運転は合格だ。

今シーズンもお世話になる。冬季、氷点下20℃以下に冷え込むことがあるこのアトリエでは、大切な相棒なのである。

しかし、熱い。こんな筈ではなかったのだが。
一枚脱ぎ、また、一枚脱ぎ、結局Tシャツと短パン。昼間、晩秋も終わり…と思えるほど冷たい雨だったので、焚いても問題ないと思ったが甘かった。

こうなると、どうしようもない。
当然ながら薪ストーブは、スイッチを off にすればすむというものではないから…。
発泡ワインを開けて、数日前買ってきた本を読みながら、秋の夜長を楽しむしかないなぁ。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ

2006年10月02日

上田市海野町商店街にある富士アイス

DSC_2219.jpg
Photo≫信州上田市海野町商店街にある富士アイスでパワーランチ

懐かしい"食品サンプル"が現役の店。頭の中の食べ物屋リストには記憶されているはずなのだが、この商店街を通らないと思い出せないのが、この"富士アイス"だ。

東京の"今川焼"を"じまんやき"と称して、餡とカスタードの2種類があり、これがなかなか美味しい。また、"ソフトクリーム"は、確か150円で、新鮮なミルク風味たっぷりでサラッとした実に旨い逸品。そして、なぜか昭和40年代が止まってしまったような食堂もやっているのである。

上田市内にある仕事の打ち合わせに行き、パワーランチとしようとなって、何となく海野町商店街を闊歩していた。すると食品サンプルが目に留まり、自然と「富士アイスで食べるか…」、「30年ぶりですかねぇ…」と…。

店内に一歩はいったら"目がテン"。昭和40年代が止まっている。ステレオ、クーラー、照明器具、レジ、10円玉を入れて星占いをする小さなボール、ジグソーパズルとその絵柄など、何から何まで懐かしい。

席に座り"とんかつ定食"を注文し、なめるようにして店内を観察。

DSC_2218.jpg
Photo≫デミグラスソースですよと言わんばかりの"とんかつ定食"

おぉ!食品サンプルと寸分も違わない出来上がり。味はそこそこ。いや、40年前を考えれば美味しいぞ。レシピも止まっているのだろう。
小1時間いただろうか。待ち合わせで若者が数人入ってきた。甘味を地元の粋な台詞で頼んでいた。常連だ。

先月、松尾町にある本格的なフレンチレストラン葡萄屋に行ってきた。その葡萄屋から歩いて数分のところに、この富士アイスがある。葡萄屋が1990年代の象徴とすると、ここは1970年代だ。21世紀になってしまった今日、両店は健在だ。

高名な建築家が「都市は時代の集積。記憶装置」と言っていた。一味違う地方都市の散策の楽しみ方は、このように時代を象徴し、止まっているようで生きている店を探すことである。不思議な魅力なのだ。

葡萄屋/上田市中央2-10-14 電話/0268-22-1077

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・その他