2006年12月31日

大晦日。国道144号線の「御土産茶屋」というより「ジビエ茶屋」

DSC_0012.jpg
Photo≫パワーアップ。たまたま日記2006年04月05日「熊汁のつもり?態汁」の店

大晦日、上田の両親に会いに行く。「年越し蕎麦」ならぬ「年越し鍋」をやるとのこと。昼過ぎ愛車サファリで上田へと下る。

写真は我がアトリエ近くの国道144号線の御土産茶屋。
覚えている方もあるかと思うがたまたま日記2006年04月05日「熊汁のつもり?態汁」の店。

さて、見て分かるがかなりのパワーアップをしている。
看板を読むと…
「りんご汁」
「くじら汁」
「とん汁」
「くま汁」
「たぬき汁」
「かもしか汁」
とあり、「御土産茶屋」というより「ジビエ茶屋」。

DSC_0011.jpg
Photo≫上田から菅平方面に上り、横沢という信号を通過約1キロ地点の看板

ところで「りんご汁」とは何なのか?
冷たいのか温かいのか…、まさか味噌ベースか?

本年最後の「?」である。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月30日

長野県に低温注意報。ようやく冬らしくなった

DSC_0007.jpg
Photo≫アトリエ裏の高原野菜の畑。昨日の雪で冬らしい景色になった。

今月、2回目の書き込み。
バタバタの仕事が多かった一年が終わりそうである。
頭がホットになる仕事が多かったので、冬がきたのかどうかも分からなかったが、例年より暖かい冬も昨日の雪でようやく冬景色となった。
写真は9時30分頃、アトリエ裏の高原野菜の畑で撮影した。気温は氷点下。

天気予報では40〜60pの降雪と言っていたが、アトリエの周辺はご覧の通り。雪不足で信州各地のスキー場も大変だろうが、年末年始をひかえ、県北部のスキー場にはめぐみの雪となっただろう。

DSC_0002.jpg
Photo≫2時間ほど前の夕焼け。明朝も冷えるだろう

夕焼けがやけに美しい。晴天のまま夜を迎える。夜間から明け方の放射冷却で明朝はかなりの冷え込みとなるだろう。
長野県下には現在、低温注意報発令中である。

ところで昼頃、年の瀬の大ニュースが流れた。
「イラク・フセイン大統領死刑執行」。死刑判決が出てからあっという間に執行したが、イラク国内が不安定化するだろう。
気になる…。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2006年12月02日

関東天気予報エリアの西の果てから東の果て

DSC_0044.jpg
Photo≫昨日の小春日和の伊豆高原駅。♪この木なんの木〜♪気になる木〜♪

住宅雑誌の取材から帰ってきた。
建築業界紙の新建新聞が発行する「欧米スタイル」という輸入住宅雑誌がある。その取材で1泊2日の出張だった。

初日は伊豆半島の伊豆高原駅から徒歩10分ほどにあるモダンな洋風住宅を訪ねる。朝、8時半頃の長野新幹線あさまで信州上田を出発して、伊豆高原駅に12時半に着く。いゃ〜早い。10年前であれば6時間以上は掛かっていただろう。

我がアトリエを出たときは雪がチラホラ。が…伊豆高原駅は小春日和というより、春の日和。数分歩くと汗がたらたら。信州を出たときのいでたちでは暑いに決まっているのだが…。

取材は13時半から始まり3時間ほど。デザイナー立会いでオーナーから心温まる話を聞く。いい取材だった。

さて、次ぎの取材地は那須高原。移動、4時間弱ほど掛けて那須塩原駅に着き駅前のホテルに宿泊となる。

DSC_0078.jpg
Photo≫那須高原の主峰三本槍岳が吹雪いているようだ。この麓に那須の御用邸がある

今日の取材は、那須高原の別荘地にある定住住宅で、御用邸に程近い森の中。雰囲気のある輸入住宅だった。

心地よいマイペースさが感じられるオーナーご夫婦をインタビューしながら、十数年ぶりの那須高原を走り、懐かしい思い出も走馬灯のよう。

今回の取材はオーナーの方々の生き方、暮らしぶりと家が実にフィットしていて、人生観が具現化された建物だった。久々に面白い取材だった。

ここ数年、様々な取材で「面白うて、やがて悲しき」と感じることが多い。
文化施設のプランニングで建築にかかわり、この歳になって改めて住宅という建物を取材することになったが、住まいを通して様々なものが見えてくる。取材する我輩の人生観も変わっていることにも気がつく。
ある種の分岐点を迎えたのだろうか…。

安藤州平Webアトリエ






【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記