2007年01月07日

連続降雪43時間。上田市真田町の最新大雪情報

DSC_8637.jpg
Photo≫ヒュミドール(葉巻保管箱)の窓に映る "雪の庭"

低気圧の発達で今シーズン一番の冬型の気圧配置。
アトリエがある菅平の麓、真田町の集落・大日向は、一昨日(6日)の3時頃から降雪が続き、現在、30p弱の積雪。

いまだ深々と雪が降っている。

DSC_0029.jpg
Photo≫11時現在のアトリエの庭の雪

平成19年1月7日10時55分、長野地方気象台発表の「大雪に関する長野県気象情報 第6号」によると―
『長野県内は、北部を中心に降雪が強まっており、大北(県北部の大町市周辺)地域では、7日午前0時過ぎから昼前までに、新たに約30pの雪が降っています。県内は引き続き8日にかけて、北部と県の西側の地域を中心に、大雪となるおそれがあります。大雪や路面の凍結による交通障害、なだれなどに警戒して下さい』とのこと。

DSC_0032.jpg
Photo≫年賀状を出しに徒歩1分の菅平口郵便局へ。神川の雪

また、最新の気象状況は―
『北海道の南東海上には、急速に発達中の低気圧があって、北北東へ進んでいます。また、東日本の上空約5200mには、氷点下36℃以下の強い寒気が入り、日本付近は冬型の気圧配置が強まっています。北部の降雪は、8日夜にかけて続く見込みですが、中部と南部の降雪は、7日夜に止む所が多いでしょう。また、県内の山岳部では、8日にかけて、荒れた天気が続く見込みです』と続く。

7日10時現在の積雪の実況は、上田市菅平:44pで県内ダントツ。長野県北部に大雪警報、上田周辺には大雪注意報が発令中だ。

信州に訪れている方々、また、地元の方々、今後続く大雪にご注意いただきたい。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 異常気象