2007年01月29日

驚きの"ドア・ストッパー"

DSC_0049.jpg
Photo≫上田市内のある不動産屋で見つけた驚きの"ドア・ストッパー"

上田市内のある不動産屋で、知人でキルト作家の佐藤隆平氏が所有する賃貸マンションの入居募集告知等の打ち合わせがあった。
佐藤氏の賃貸マンション事業を数年前からお手伝いし、一昨年からは開発にもかかわっている。安藤州平たまたま日記2006年3月21日参照

応接室へと案内されソファーにすわり、出された珈琲を口に運び、何気なく目の前のドアに視線を送る。

えっ…。
何とドアのストッパーが「不動産六法書'93」。

思わず佐藤氏に「あれ…凄いですね」と話しかけると、「おぉっ!」と目がテン。「あんな使い方があるんだね。六法も…」と2人で爆笑。
不動産の担当の方が「'93年版ですからもう使えないんですよ…」と、ヘンに説明をサラッと流したので、またまた笑い。

確かに、規制改革でここ15年ほど法律の内容が猫の目のように変わってきたのが、不動産や知的財産などの分野だ。

六法書という驚きの"ドア・ストッパー"を見ながら、死語に近くなった「規制改革」という言葉を思い出した。その昔は新聞のトップ見出しに必ず踊っていた言葉だった。全ての政治家が規制改革と訴える姿は、私には奇異に見え、規制改革で自由化すれば、新たな規制も必要となるはずだろうが…と、頭をかしげたのを覚えている。

だが、今では懐かしい。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記