2007年02月26日

上田市をとんかつの街にした老舗「とん亭」が昨年末から真田町で復活!

DSC_0059.jpg
Photo≫ボリュームたっぷりの「ロースかつランチ 600円」。ご飯のお代わりOK

昨年末、懐かしい名前のとんかつ屋が真田町にできた。場所は国道144号線を上田市から菅平方面に上り、旧市境の神川の川久保橋を渡り、3つ目の本原という信号から約750mの右側。何故か恐竜のハリボテ(高さ3メートルほどの大きさ)のロードサインがあり、2軒のプレハブテナントの左奥なのですぐ分かると思う。

上田市、小県郡、東御市などの地域には、とんかつ屋が多く激戦区。実際、地元マスコミ業界では「上田市は人口に対してとんかつ屋が1番多い」と有名だ。
何故か。写真の"とん亭"が昭和40年頃、原町に開業し成功。東京で修行したご主人はなかなかのカリスマで、「全日本とんかつ連盟」の大会を長野で開催するほどだった。当時、地域特有の食文化が無かった上田に、ボリュームたっぷりの、そして、一寸お洒落な東京風とんかつブームを引き起こしたのだ。

私の記憶では、とん亭は1970年代後半、柳橋に"仏蘭西亭"を出店。原町の本店を仏蘭西亭に統合、一時期、塩田と国分寺に店を出すなど拡大した。が、昨年秋、事業を整理、同時に仏蘭西亭は"こぶたや"に屋号変更し再出発した。

とん亭の出現は上田に"とんかつ文化"を育んだ。それまで"カツ丼"をメインに勝負していた本町の"まんぷく"も、とんかつ専門店として対抗。以降、それぞれの店で弟子を輩出、暖簾分けし、上田市周辺にとんかつ屋が増えていくのである。

DSC_0058.jpg
Photo≫何気ない外観で小さな店なので見逃すかもしれない。

フライヤーを使わず、鍋で丁寧にとんかつを揚げているご主人に聞くと「縁もゆかりもない真田の町で、鍋一つで原点から再出発」…とのこと。
50年ほど前、東京から移住した我が家族が、とん亭の誕生でようやく東京風のとんかつが味わえると喜び、今でも"こぶたや"に通っているよ―と話をすると、40年ほどのとん亭の歩みというか、ご主人の"太腕繁盛記"で話が盛り上がる。

話が一段落した頃、絶品の"ロースかつ"が出てきた。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 03:49| Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ・その他