2007年02月27日

30年ほどのお付き合い。上田市の老舗の本格喫茶NEXT

DSC_0062.jpg
Photo≫心和む庭園と落ち着いた空間、上田市の老舗喫茶NEXT

上田市の中央商店街、原町交差点から海野町商店街に入り、一本目の小路を北へ進むと左手に、知る人ぞ知るカレーのベンガルがある。ベンガルの先に小さな十字路があり、そのまま十数歩歩いた右側に画廊がある白いビル。
その1階に、このNEXTがある。上田市内にある喫茶店では、屈指の老舗本格喫茶だ。NEXTホームページ。地図はこちら

1970年代後半から1980年代初頭の頃の話。写真家を目指していた我輩がカメラやフィルムを調達するために高校、大学とバイトをしていた喫茶店である。高校時代の写真班の第二部室と化し、また、生まれて初めて写真の個展『原宿'80』(安藤州平Webアトリエ写真ギャラリー)を開催したギャラリーがある珈琲ルームだ。

マスターは土屋晃氏。絵に描いたような喫茶店のマスターだがアマチュア無線の大先輩。当時、まだ珍しかったパソコン(確かシャープのMZ80)が置いてあり、ベーシック語やマシン語を駆使してゲームなどのプログラムを書いていた。

バイトでは色々勉強した。まずNEXTという屋号の由来と歴史だ。創業1949年(昭和24年)、海野町に精肉店と牛奈辺(ぎゅうなべ)の『こんどう』の片隅に、喫茶部として誕生。名前の由来は、「牛なべを食べ、次にコーヒーをお飲み頂こう」とNEXTと命名。その後、1971年(昭和46年)に現在の相生町へ移転―。
他に珈琲の美味しい淹れ方。また、トースト、サンドイッチ、ピザなどの軽食を美味しく、しかも美しく作る方法。喫茶店スタッフとしての所作や会話術、パソコンとソフトの言語、アマチュア無線に関するハードウエア…などなど。

大学を卒業し広告代理店の写真部で汗を流すころから顔を出す機会が激減。その後、京都、大阪、四国松山と転々とした15年以上は、消息不明の状態となった我輩。
10年ほど前、信州に帰ってきて店によると、画廊と和食処のテナントを有するビルに新築していて、浦島太郎だ。
しかしながら一目見て、「おお〜安藤君」とマスター。白髪交じりの髭など風体が変わっていても、顔と名前が一発で出てくるあたりは、昔きよき時代の"喫茶店のマスター"そのもの。
マスターも貫禄が出てきた。少々、髪が薄いようだが…。話では、1986年(昭和61年)にこのビルを新築したそうな。話題はその後の中央商店街の斜陽と寂れ方へと向く。

DSC_0063.jpg
Photo≫喫茶NEXTのエントランス。上田市中央3丁目9-1 電話/0268-22-1780

確か珈琲は、宮内庁御用達珠屋小林商店の豆。
今日でも変わらぬ味を保っている。この珈琲、中毒になる―というか30年前のお客さんたちが我輩を覚えていて、楽しい語らいのひと時となるのである。昨今流行のカタカナの"カフェ"ではない、日本で育まれた本来の"喫茶店文化"が心地よい。

チケットを10枚入れた。30年ぶりに、そして今度はお客として通うことになりそうだ。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・その他