2007年04月30日

松本歯科大の「観桜会」へ。田中康夫氏を見かける

DSC_1001.jpg
Photo≫春爛漫。松本歯科大「観桜会」 

昨日の29日、松本歯科大(塩尻市広丘郷原)観桜会へ招かれる。
10年ほど前、信州に帰ってきてから、父の秘書兼鞄持ちとして同席している。

この観桜会、1995年から続いているオープンキャンパスで、今年で第12回。松本歯科大のキャンパス内には数十種類・約一千本の桜があり、一つの花に二十枚の花弁がついているヨウキヒ、黄色い花を咲かせるウコンなど珍しい桜もある。

ソメイヨシノは既に散っていたが、八重桜はちょうど見ごろだった。キャンパスは一般に開放され、芝生の広場で地元塩尻市民が花見を楽しんでいる。野点や琴の演奏は恒例、様々な屋台が出てまるで縁日。

招待者は、近頃、改築された学食で、お酒のフリードリンクとバイキングが楽しめる。学食はホテルのレストラン並みの空間で、和洋中など様々なメニューがあり、これがなかなか美味なものばかり。

実は前学長が父の大学の後輩で、県内の大学で活躍している父のお弟子さんたちも集まる良い機会なのである。私の子供の頃を知っている先生ばかりで、年に一回のご挨拶と思い、私も歓談を楽しんでいる。

さて、キャンパス内で面白い人物に出会う。パリッとスーツを着こなした田中康夫氏だ。この観桜会は県内の文化人も多く集まるので、参議院選を意識した挨拶回りだろう。新党日本の党首として彼の立候補は間違いなしだ。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】