2007年07月29日

NHK参議院選開票特番が知らせる「自民大敗」、「民主大勝・第1党」

DSC_7701.jpg
Photo≫我が集落に掲げられた選挙ポスター

16時頃、仕事が一段落ついたので、参議院選へ投票に行く。
山の中の小さな集落の投票所は緊張感もなく、かといって和んでいるわけでもないが、見方によっては「これが国政選挙の投票か?」と顎をしゃくってしまう。
このような小さな投票所が、全国に何万箇所あるのだろうか。そして、大半の有権者が与党を支えていたはずである。

今回は、「田舎まわりの民主・小沢一郎」、「都市部をまわる自民・安部晋三」というイメージだった。
地方に強い自民、都市政党の民主が、ホームグラウンドを入れ替わっての戦い。前首相の小泉氏が仕掛けたイメージ転換作戦が、定着したのだろうか…。

20時の投票締め切り直後、NHKの選挙開票特番によると、長野選挙区では民主党の羽田雄一郎、自民党の吉田ひろみ両氏が当選確実とのこと。

全議席の情勢を「自民大敗」、「民主大勝・第1党」と伝える。議席数の予測は自民が35〜45、民主が55〜65とのこと。
さらに、自民党参院幹部が民主候補と激戦という。
20時10分時点で、比例代表では自民11、民主19議席と、殆どダブルスコア。

さて、安部首相はどのような責任を取るのか。
もし、40議席にもとどかず、責任を取らずに首相続投などとなれば、これはもう『無節操内閣』または『不信任無視内閣』としか言わざるを得ない。

政界再編を希望する我輩としては、内閣総辞職、衆院解散総選挙となってもらいたいが…どうなるのか?
政局となるはずだか。

実に気になる。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】