2007年08月25日

JT上田工場跡地再開発のメインアプローチになる「上田駅前天神町商店街」の電線地中化お披露目イベント

DSC_9723.jpg
Photo≫上田駅前天神町商店街の電線地中化、石畳とカラー舗装整備が竣工した

その昔、映画館があった天神町商店街。今では飲食店、ビジネスホテルがメインで、物販店が減りつつあるが、立地上、頑張らざるを得ない…、いや、本当に頑張っている商店街である。

この天神町商店街の長年の懸案であった電線地中化、石畳とカラー舗装整備の話は、新生上田市の合併前からのもので、地元商店主たちの顔色も「安堵」というよりは、「やれやれ」と見えてしまうのは私だけだろうか…。

さて、「お披露目イベント」の方は、40〜30代のファミリーの人出が多く、商店街のイベントとしては商店主や振興組合会員のおもてなし精神、手作り感たっぷりの良い雰囲気だった。
以前、私の企画で情報月刊誌KURAにルポしていた北国街道の古きよき佇まいを残す「柳町」の夏祭りをジャジィーな大人の祭りとすると、こちらは八幡屋人形センターがあるせいか、子供たちを主人公にファミリーが思い存分楽しめる祭りだ。

DSC_9718.jpg
Photo≫西丘保育園児たちのパラバルーン演舞。オープニングには鼓笛隊としても参加した

DSC_9720.jpg
Photo≫八幡屋人形センター前の人出

上田市内の商店街は、私が顧問としてお手伝いしている松尾町商店街の「職人フェア」や上田真田祭りでの「流し蕎麦大会」など、それぞれ個性を生かしたイベントを開催している。が、「流し蕎麦大会」などは直ぐに隣の商店街が「素麺」に変えてパクってしまうなど、祭りに対する企画力が落ちている。たとえ企画力が落ちようが、おもてなし精神が豊かなら、天神町のように地元の若いファミリーが集まるのである。

ところで、先週の21日(月)から今月末31日(金)まで、「JT上田工場跡地の用途変更素案」と「地区計画素案」を上田市役所と丸子、真田、武石の各地域自治センターで公開し、市民の意見書を募集している。
21日、早速、真田地域自治センターへ見に行ってきた。

DSC_9728_0821.jpg
Photo≫2007年8月21日の信濃毎日新聞朝刊17面東北信面の『JT上田工場跡地の用途変更素案 市民の意見書募集』を知らせる記事

旧真田町の市民には関心がないのか、閲覧者は今のところ私一人。その後、24日に松尾町商店街振興組合のある理事と一緒に上田市役所へ見に行ったが、こちらの閲覧者の殆どは東京のコンサルで、市民は五本の指を使わない程度の人数だ。インターネットで公開しているので、そちらを見る方が多いのか、少なすぎる。JT上田工場跡地再開発の反対グループなど、大勢が見に来ていると思ったのだが…。
役所に足を運べば詳細な書類を見ることが出来、それなりの質疑ができるのである。
実際、24日に上田市役所へ閲覧に行ったときには、JT上田工場跡地再開発とかかわる周辺及び市街地道路整備などについて松尾町商店街の理事と共に質問し、都市計画課のスタッフが我々に答えてくれたのだ。

JT上田工場跡地再開発の商業ゾーンに計画されているセブンアンドアイの巨大量販店アリオのプランは何処まで進んでいるのか。現在、必死になって全国展開のブランドのテナントの集めているはずだが、意外と集まりが悪いのでは…。その苦肉の策として地元出店枠を設けるなどという荒療治をすることも理論的には考えられる。

何故、このような考え方をするのかといえば、前述したJT上田工場跡地再開発とかかわる周辺及び市街地道路整備計画を見たからである。千曲川の護岸道路の拡幅化はやっても、東と西の末端において国道18号線上田バイパスと直接つなげない(バイパス効果が下がるため)という。また、しなの鉄道(旧JR信越本線)を南北に渡るアプローチは踏み切りのある地上道路のみ。アンダーパスは考えられないという。

私の感想としては実にトホホ。もし、私がセブンアンドアイ側のコンサルとしてプランを立てる立場だったら、激怒するようなアクセスの悪い道路整備であり、当然ながら、テナント出店企業から見ても、不安を多く感じてしまう魅力の無い周辺インフラ整備計画なのである。しかも、道路整備はアリオ開業後、同じJT上田工場跡地に整備する新しい上田警察署や市民会館が竣工する頃になるであろうというから…、絶句。
果たしてJT上田工場跡地再開発は成功するのだろうか?!

話は変わるが24日(金)に松尾町の老舗靴屋が「完全閉店セール」のチラシを出しセールを始めた。靴屋さんと仲のいい松尾町の商店主たちには『激震のニュース』だった。
この店の商店主は、現在、商店街振興組合の役員ではないが、発言力があり、確か別の団体の立場でJT上田工場跡地再開発の反対グループに参加していたはずである。海野町や駅前のイトーヨウカドウにテナントショップなど数店持っていたが、数年前から店舗整理の経営方針を挙げていた。
まさか倒産ではあるまい…。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】