2007年08月27日

忘却の現代世界遺産・長野冬季オリンピック「セントラル・スクエア」

DSC_9904.jpg
Photo≫駐車場と化した長野冬期オリンピック授賞式会場の「セントラル・スクエア」

まとわりつく熱気、残暑が厳しい中、長野駅から善光寺表参道を歩き、某打ち合わせであるビルに向う。ふと道路の向こう側を見る。
すると、駐車場に止められた車にまぎれながらオリンピックのマークが小さく見える。

おぉ!忘却の現代世界遺産!

1998年長野冬季オリンピックの表彰式などで見覚えのあろうセントラル・スクエアである。現在、有料駐車場と成り下がり、その昔は土日にイベント会場としても利用されていたが、最近は殆ど利用されていない。
焔をともしていたミニ聖火台は既に忘却の彼方だ。

「善光寺周辺を世界遺産に登録しよう」という市民運動があるらしい。しかし、善光寺表参道の中間点にある世界的記念施設が、たかだか9年でこの有様では、あまりにも「…」であり、市民運動の精神的レベルは大丈夫かと頭を傾げたくなる。

そういえば、数日前にこんな記事。

DSC_9724_0824.jpg
Photo≫2007年8月24日の信濃毎日新聞朝刊17面東北信面の『長野駅前東口・五輪10周年タワー・建設へ実行委員会発足』を知らせる記事

長野市や長野駅東口商店街協同組合など約20団体が、「長野駅東口前にオリンピックの記念物が無いのはおかしい」と、高さ5mのメモリアルタワーを建設するという動きだ。デザインと予算、場所を協議し、決まったらしい。

なんとも不思議な気分になる。

駐車場と化したセントラル・スクエアのドタバタ的9年の運命も、長野市や長野の中央商店街、商工組合などが「何とか残さねば…」という騒ぎの末、サジを投げ、ほったらかしだったはず。

長野市は善光寺の門前町であって、オリンピック開催都市というイメージが弱いのか?、「五輪塔」か「五輪記念タワー」だか知らないが、長野駅東口前に建てるのなら、セントラル・スクエアも何とかならないのか。駅の何処の出口という"局所的なものの見方"をせずに…、気合を入れて欲しい。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】