2007年10月26日

デジタル的気候変動。昨日の明け方まで氷点下だったが、一転、今朝は6℃

DSC_0209.jpg
Photo≫2日前が暦でいう「霜降」で、昨日までの5日間ほどご覧の霜だった。当然ながら氷点下

近年の気象変動が『デジタル的』なのには少々驚く。
昨日まで氷点下の日々が続いたと思えば、今朝は6℃と暖かい。これから天候が崩れ雨という。

一昨日、暦でいう霜降(そうこう)だった。二十四節気の1つで10月23日ごろといわれている。
二十四節気とは、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間の名称。古来中国で考案された当時の暦の言葉がほぼそのまま我が国に伝わり、我が国で著されたのは1648年・慶安元年、吉田光由による『古暦便覧』が有名という。
現在でも季節の節目を示すのに天気予報などで使われている。

文字通り露が冷気によって霜となって降り始めるころで、太陽黄経(※解説はコチラ)は210度となるらしい。「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と『暦便覧』では、説明している。
また、楓や蔦が紅葉し始め、この日から立冬までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼ぶ。

DSC_0204.jpg
Photo≫菅平高原から長野市の保科へ下りる峠の入口付近の昨日の紅葉

巷ではこのデジタル的気候変動を「異常気象」など呼んでいるが、本来、アナログ的な季節の移ろいのはず。我が国の文化、そして国民性も、四季折々の豊かな風土に育まれた歴史を持つのである。

ニューサイエンスというエセ科学や世の中の終焉とあおる各種占いには与しない我輩ではある。
が、目を覆うような事件・事故、呆れるほどの政治、はたまた幼稚としか思えないサブカルチャーの出現など、耳を疑うニュースが多発しているのも、デジタル的気象変動が係っているような気がしてならない。

こんな風に思ってしまうのは我輩だけか…。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 異常気象