2007年10月31日

ようやく紅葉。錦の色の山を眺めながら"五色のような食品偽装ニュース"を考える

DSC_0096.jpg
Photo≫煙突から立ち上がる薪ストーブの煙と、ようやく標高900mに下りてきた紅葉。例年より10日ほど遅いだろうか…

朝からお座敷スタジオで商品撮影に励み、気分転換にアトリエ周辺を散歩する。このアトリエがある地点は標高900m。やっと紅葉らしくなった。
10日ほど前から朝晩の冷え込みが厳しくなり、薪ストーブのご厄介になっている。

昨日の珈琲タイム、菅平の知人の長老が我がアトリエにやってきたが、そのときに聞いた彼の話は、今年の気象の特徴を捉えていた。
まず、紅葉が汚いとのこと。夏の猛暑と秋の残暑と台風の影響らしい。そして、木野子のシーズンの今、例年の木野子種類ではなく、標高900m付近で見る木野子が標高1300mの菅平に出ているという。一番面白かったのが、飼っている犬のドックフードを雉と烏が食べに来るという話。烏はともかく、雉の餌が森に無いのだろう。

DSC_0097.jpg
Photo≫アトリエ東の山裾。この山の向こうの向こうが群馬県境の鳥居峠

ところで、錦の色の紅葉の山を眺めていると、連日のように報道される"五色"のように様々な食品偽装ニュースが頭の中に浮かぶ。

確かに様々な食品偽装には呆れるが、もう少し静かに出来ないのか。まずは、不二家のお粗末な現場の衛生センスに始まり、白い恋人の石屋製菓の騒ぎ。よくある出荷調整の話であって、本来、賞味期限を表示する必要がなかったはず。バカなもので、あえて表示したために起こった問題ではないか?

ミートホープや比内鶏、宮崎地鶏、名古屋コーチンは論外だが、ミートホープの社長のクリエイティビティは、「造肉」なる言葉を新しく作ってしまいたくなるほどのもの。

赤福と御福も餡と餅というどちらかというと日持ちするもので、赤福の場合、冷凍した商品の表示を製造日としたことについては、三重県も認めていたはず。追い込まれた経営陣が、店頭にいったん陳列した商品を工場に戻し、製造年月日を書き換え再包装、再び出荷していたと発表し、三重県は手のひらを返し食品衛生法違反と、無期限の営業禁止処分となった。
また、再利用として餡を剥き関連会社に売ったことも問題になったが、和菓子にするとき当然火を入れて作っているはずである。

さらに、福岡の吉兆の話も情けないが、餡やゼリーという日持ちする菓子の話だ。

今日はミスタードーナツが槍玉に上がっている。そして、全ての事件で「食中毒」が出ていないのである。

子供の頃、和菓子、その餡子や餅、チョコやジャム、クッキーなどの菓子は、結構、日持ちすると親から言われ、当たり前であるが、食べて違和感があれば捨てなさい…と。

まあ、食に関する法律の食品衛生法が厚生労働省、農林水産省のJAS法、公正取引委員会の景品表示法など、長年バラバラにやってきたことによる食品産業の経営や現場の怠慢に尽きるのだが…。なんの罰則の無いJAS法を見直すために、世の中を誘導しているような感じがする昨今のニュースである。

そうそう、ところで東信地方の群馬県境付近の荒れた畑や休耕地を持つ高齢者が、伝で、群馬県の農家に貸していると聞く。今シーズン、その現場を見たが「群馬県JA」というダンボール箱に野菜を入れていた。これも、ある種、偽装ではないかいな?

もう一発、信州のあちこちのお土産屋で見るジャム。確かJAS法では糖度60%以上でなといジャムといえないはず。昨今、低糖度のジャムが流行っているが、お土産屋においてあるジャムは殆どがそのタイプだ。表示がどうなっているか恐ろしくて見れない。これも当局に見つかったら挙げられるのか…。

かなり神経症的な「食の安全」というお話なのである。

安藤州平Webアトリエ


【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 19:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記