2007年11月29日

竹馬の友 不定期呑み会

DSC_0003.jpg
Photo≫我がアトリエでオーディオ談義をする幼馴染で医師のY関和氏(左)とサーロジック社長の村田研治氏(右)

先週末、北海道から(たまたま日記/2006年10月09日)(小言甘辛放談2004年4月11日)竹馬の友のY関和氏がやってきた。
この数年、年1回ペースとなりつつある1泊2日の「幼馴染不定期呑み会」と、彼がセットした我が町に移転した「サーロジック視察」のための帰郷だ。

何時もながらの嬉しい誘いであり、有意義な時間となる2日間だ。
朝、酒の肴となる「大根の豚角煮」を仕込んで火に掛け、昼過ぎ、薪割をしながら彼が到着するのを待つ。
軽のオープンカーのエキゾースト音が聞こえ、やってきたかと思えば、何故か排気音が遠のく。去年と同じところで、同じように迷ったようだ。おいおい…と、呟いでいると笑顔で到着。

例によって何本かの銘酒とロイズのチョコレートが手土産だ。が、ロイズのチョコは我がブログにおいて前評判で「プチ炎上」したため、かなりの気の遣いよう。彼曰く「取り合いになるとマズイから、幾つか置いていくよ…」。
すみませんねぇ。

一服してから、2年前に我が町に移転してきたというオーディオのルームチューンのパイオニア・サーロジックへ視察に…。

何故こうなったかというと、最近、Y関氏が自身のオーディオルームにサーロジックのDSPドライブ・スーパーサブウーファを導入。住所を聞けば真田町の傍陽に会社がある…となり、ならば「竹馬の友の呑み会」を兼ねて、工場視察となったのである。

古民家を全面改装中の本社に村田氏を訪ね、奥様の手作りケーキとお茶を頂きながらお話を伺い、その後、工場で製品や試作品を見ながらオーディオのルームチューンの話しで、あっという間の2時間。会場を我がアトリエに移して、第三ラウンド(ご覧の写真をパチリ)。

DSC_000199.jpg
Photo≫第三ラウンドのお茶請けは、お笑い手土産・超レアな「白い恋人」

DSC_000299.jpg
Photo≫パッケージ裏の製造年月日と賞味期限表示

DSC_000499.jpg
Photo≫一つ一つに製造年月日と賞味期限表示がしてある上、3づつを透明テープで封印

第三ラウンドのお茶請けは、Y関氏のセンス溢れるお笑い手土産・超レアな「白い恋人」で、皆爆笑。
引き続き村田氏の様々な経験に基づいたオーディオに関する分かりやすい話を聞き、来年完成する試聴ルームで再開することを約束し、第三ラウンドが19時頃終了。

その後、オヤジ期に突入した竹馬の友2人の呑み会となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2007年11月19日

初雪の翌朝。積雪3pで路面凍結

DSC_00191.jpg
Photo≫我がアトリエ直近の神川を渡る丸山橋。8時10分頃。積雪3pで、路面凍結の状態

朝、何時もより冷え込んだ空気に包まれていると感じつつ目覚める。
ファンヒーターをONにしてコーヒーを淹れる。
アツアツの一杯をフーフーと飲みながら、胃の腑に落ちていくコーヒーの熱さとカフェインで頭の目覚めを待ち、縁側のカーテンを開けると一面真っ白。

薪ストーブを焚き、部屋がゆっくりと暖まるのを実感しながら冬景色になった庭を眺める。

昨日の15時から降り出した雪は、勢いを増すことも無く一晩中舞っていたようだ。
現在、氷点下1℃で積雪3cm程度。庭と道路は凍結状態だ。

ところで寒冷地で住む知恵に、屋内から外気温を確認できるよう、屋内から見える場所に大形の温度計を設置するというものがある。屋内外の温度差を常に把握することは、何かと安全につながるのである。

さて、月曜は一般ゴミ出しの日。
朝の某公共放送の連ドラが始まる時間までにゴミを出してこなければ…。
高校の頃から落語好きの我輩。このドラマは毎日の楽しみだ。

今年初の我が集落の雪景色を撮るためカメラを持ってゴミ出しに行く。
シャッターを切りながら雲行きを見る限り、今日一日、雪模様のようである。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】

2007年11月18日

初雪、初吹雪。信州真田菅平口の信号にて

DSC_00541.jpg
Photo≫我が集落唯一の信号機・菅平口で18時35分頃。フロントウインドーに吹雪、ボンネットに積雪が見える

今日の天気予報はドンピシャで拍手喝さいである。
予報は「午前中は晴れ、昼から雨で夕方から雪」とのこと。

さてさて当たるのかな?と思い、晴れている午前中に薪仕事を終えて、読みかけの本を開く。
正午、ザラザラザラと音がしたと思えば、雹。しばらくして冬の冷たい雨に。
幾つかの灰色の雲の塊が雨を降らせながら、北から南へと足早に空を散歩。隙間から日が差すという「狐の嫁入り」だ。

小1時間で日没になる15時頃、にわかに暗くなった瞬間、雨が雪に変わった。以後、雪が降っている。
木枯し一号と思しき強い北風に乗った初雪、初吹雪である。

昨年より一月ほど早い初雪だ。
というか、ここ10年ほど12月の頭から中旬に初雪が降ったことを考えると早すぎる―と思いながら、我が集落唯一の信号機・菅平口のチェーン装着場で、フロントウインドーに吹き付ける吹雪とボンネットの積雪を撮影。現在、18時35分頃。

さて、アトリエに帰って、牛肉の佃煮で雪見酒とするか。

そういえば船場吉兆の「牛肉の味噌漬け」偽装騒ぎ。先月、このブログで大町市の吉兆を紹介したばかりなのに…。

ところで、よく考えれば不思議な商品だ。その昔、そんな商品名のものは無かったような気がする。
なぜなら、味噌漬けや粕漬け、燻製などというものは、旨くない肉を如何にして旨く食べるか―、如何に保存を長くするか―という調理法なのである。
老舗料亭であったとしても「牛肉の味噌漬け」という程度の商品であれば納得できるが、決して「但馬牛の味噌漬け」などと書くべき物でもないし、そんなに上等な肉を使うのは「?」でしかないと思うのだが。

その昔、我輩が松山にいた頃、嵐山(京都)吉兆がダッチロールし評判を落としたのは、バブル・グルメブームだった。大阪・船場や東京の吉兆の売り上げに引き離され、京都のみ低調。
今、考えてみれば、大阪・船場などの好調な売り上げは、外食産業などの効率的な経営形態の導入、また、菓子やゼリー、味噌漬けなどのサイドメニューを一つの柱としたのかもしれない。

老舗は「グルメブーム」などに一線を引くべきで、迎合などは以ての外。一般にウケやすい商品などの売り上げで目がかすむと、体たらくな醜態を見せることになるのである。

本当に情けない。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】

2007年11月16日

肩肘張らない自然体の店、ここ一年で一押しの蕎麦屋・そば処 いちや

DSC_293.jpg
Photo≫一般的な民家を使って営んでいる上田市の新星蕎麦屋「そば処 いちや」

ある2人の大先生が夏に出版した信州あの人ゆかりの菩提寺・神社の出版記念会を…とお誘いがあり、会席風蕎麦コースを頂いてきた。
上田市の国道144号の旧道を神科方面へと上った住吉の住宅街に、昨年オープンした蕎麦屋で、グルメの大先生の前評判では「センスのよい雰囲気で、蕎麦も美味く、とにかくリーズナブル」ということだった。

上田は全国的に有名な蕎麦屋など数多ある激戦区。新星というべき蕎麦屋「そば処 いちや」は、築20年ほどの住宅を使った民家蕎麦屋だ。店内には店主・牧野さんがセレクトした陶器や絵画がセンスよく飾られている。

DSC_292.jpg
Photo≫よい日本酒を選びたくなるほどの先付。左に長野市在住の中澤蔚(しげる)氏、右に上田市在住の安藤裕氏

予約した会席風蕎麦コースは、いかにも酒を愛すると思しき店主の季節感溢れる創作料理で、実に気の効いた器に盛られ、美味な肴ばかりであった。
肴と書いてしまったが、誤解を招くといけないので一言。
本当の酒呑みは、当然ながら美味い肴(シンプルな料理)で呑みたいわけで、美味いものを探求し続け、必然とグルメとなり、料理人となる。そして気がつけばプロという御仁も少なくない。
会席風蕎麦コースの品々は、旨い酒と蕎麦のための肴なのだ。

何品出たかも分からないほどの料理がひと段落つくと、お待ち兼ねの蕎麦だ。

DSC_291.jpg
Photo≫軽井沢から小諸にかけての浅間山麓産の玄そばを石臼で丁寧に挽いたという蕎麦は、捏ねも切りも丁寧で美しい

不思議なのは出てくる料理全般が江戸風でもなく関西風でもない。信州というイメージでもないテイストの創作料理なのだ。
蕎麦汁はキレがあり洗練されていて、端正な蕎麦によくマッチしている。また、焼き物の秋刀魚の蒲焼もどこか品がいい。デザートに出てきた金柑は二つに切ってあって生で食べる。この食べ方は信州ではありえない柑橘物産地の食べ方だ。

DSC_0124.jpg
Photo≫そば処「いちや」。ざるそば・かけそば 共に700円から。上田市住吉1160/電話0268-25-1841/営業時間11時30分〜14時 17時30分〜20時/水曜日定休

店主の牧野さんに聞けば浜松出身で、アートに興味があり創作の現場で修行したのが小諸だったという。
料理の修業は?に対しては、「まっとうな酒呑みです」とのこと。合点がいった。

近年、余りにも蕎麦が高級なグルメになりつつある中、実直でありながら小粋な蕎麦屋だ。ここ一年では、一押しである。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2007年11月15日

信州上田の常田池の『大銀杏』

DSC_0123.jpg
Photo≫上田市内の信州大学繊維学部に程近い常田池の大銀杏

昨年の3月、このブログで紹介した賃貸マンションの空間プロデュース・ブランニューシティに隣接する常田池。
その南側の土手にこの大銀杏がある。

ご覧の通り、黄葉が実に美しい。

この周辺の人気散歩コースにあるので、二三日中に銀杏取りの人影が増えるだろう。

先週、上田市街地から北東方面に望む烏帽子岳と菅平の四阿山と根子岳が初冠雪だった。例年より一週間ほど遅いようだ。
明日も冷え込むらしい。
銀杏を炒って熱燗を傾ける。

そんな晩酌の季節となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月14日

日置電機・HIOKI公開講座「赤池学氏/昆虫力"自然に学ぶものづくり"」へ

DSC_0126.jpg
Photo≫HIOKI公開講座の赤池学氏。演題は「昆虫力"自然に学ぶものづくり"」

先月の末、地元ローカル紙に面白い公開講座の告知があった。

電器計測機器メーカー大手の日置電機株式会社・HIOKIの公開講座である。ホームページを覗くと、この講座は日置が社員教育の一環で社外より講師を招いて続けているもので、今回は公開講座となったらしい。

講師はユニバーサルデザイン総合研究所所長の赤池学氏だ。

早速、申し込みをして、地元ローカル紙を取っていない父に連絡、友人たちを誘って行ってきた。

氏の著書は殆ど読んでいる。

実は、父の研究室の最後のお弟子さんで、10年ほど前からその名と興味深い科学技術ジャーナリストとしての活動、各方面での活躍の話を聞いていたのだ。
退官後の父は『大ゼミ』と称する全てのお弟子さんを集めたゼミナールを続けており、その大ゼミに聴講生として参加して、お会いしたかったのだが、何時か何時かと思いながら行けず仕舞い。

昆虫の生態や発生過程に見られる体が持つ様々な機能を、昆虫資源・バイオマテリアルとして、農業や環境、素材産業、また医療や健康福祉産業などに展開するという生物機能性の利活用技術の話を、氏が関わったプロジェクトを元に、面白く分かりやすい話で、あっという間の90分だった。

科学・技術が新しい次元へと転換していく「今」を垣間見た思いだ。

ところで上田市は、その昔、一時ではあるが、養蚕で世界を動かし栄えた地方都市だ。この街の産業の未来を示唆出来るのは赤池氏しかいないのではないか。
出来ればであるが、「日置電機さん、赤池氏の講演をシリーズ化して続けていただければ…」と思うのは私だけではないだろう。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】