2007年11月29日

竹馬の友 不定期呑み会

DSC_0003.jpg
Photo≫我がアトリエでオーディオ談義をする幼馴染で医師のY関和氏(左)とサーロジック社長の村田研治氏(右)

先週末、北海道から(たまたま日記/2006年10月09日)(小言甘辛放談2004年4月11日)竹馬の友のY関和氏がやってきた。
この数年、年1回ペースとなりつつある1泊2日の「幼馴染不定期呑み会」と、彼がセットした我が町に移転した「サーロジック視察」のための帰郷だ。

何時もながらの嬉しい誘いであり、有意義な時間となる2日間だ。
朝、酒の肴となる「大根の豚角煮」を仕込んで火に掛け、昼過ぎ、薪割をしながら彼が到着するのを待つ。
軽のオープンカーのエキゾースト音が聞こえ、やってきたかと思えば、何故か排気音が遠のく。去年と同じところで、同じように迷ったようだ。おいおい…と、呟いでいると笑顔で到着。

例によって何本かの銘酒とロイズのチョコレートが手土産だ。が、ロイズのチョコは我がブログにおいて前評判で「プチ炎上」したため、かなりの気の遣いよう。彼曰く「取り合いになるとマズイから、幾つか置いていくよ…」。
すみませんねぇ。

一服してから、2年前に我が町に移転してきたというオーディオのルームチューンのパイオニア・サーロジックへ視察に…。

何故こうなったかというと、最近、Y関氏が自身のオーディオルームにサーロジックのDSPドライブ・スーパーサブウーファを導入。住所を聞けば真田町の傍陽に会社がある…となり、ならば「竹馬の友の呑み会」を兼ねて、工場視察となったのである。

古民家を全面改装中の本社に村田氏を訪ね、奥様の手作りケーキとお茶を頂きながらお話を伺い、その後、工場で製品や試作品を見ながらオーディオのルームチューンの話しで、あっという間の2時間。会場を我がアトリエに移して、第三ラウンド(ご覧の写真をパチリ)。

DSC_000199.jpg
Photo≫第三ラウンドのお茶請けは、お笑い手土産・超レアな「白い恋人」

DSC_000299.jpg
Photo≫パッケージ裏の製造年月日と賞味期限表示

DSC_000499.jpg
Photo≫一つ一つに製造年月日と賞味期限表示がしてある上、3づつを透明テープで封印

第三ラウンドのお茶請けは、Y関氏のセンス溢れるお笑い手土産・超レアな「白い恋人」で、皆爆笑。
引き続き村田氏の様々な経験に基づいたオーディオに関する分かりやすい話を聞き、来年完成する試聴ルームで再開することを約束し、第三ラウンドが19時頃終了。

その後、オヤジ期に突入した竹馬の友2人の呑み会となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】