2007年12月31日

2007年の締めは年末寒波で大雪

DSC_00313.jpg
Photo≫昨日から雪が降り続く。今年は年末寒波だが、何年ぶりだろうか?

先週の週間天気予報が当たり、2007年から2008年への年末年始は強い寒波の中にあるようだ。
季節風が西から吹き込み日本列島は西から東、当然ながら北まで大雪に見舞われている。

年末年始の寒波が恐ろしいのは、交通障害・交通事故はもちろん、我が信州などの山国では雪崩や冬山登山の遭難事故が多発することである。

現在、長野県各地には大雪注意報と雪崩注意報などが発令中で、三箇日の2日までに山間地の多いところで70cmの降雪量があるという。詳細は長野地方気象台気象警報・注意報を見て欲しい。また、信州に滞在されている方々は長野地方週間天気予報を見ていただければ、今回の寒波が本格的なもので、新年の4日まで天候に注意する必要があることがお分かりだろう。

さて、大晦日に本年の気候的特徴を纏めてみる。

暖冬で年が明け、厳冬の2月が無いような真冬(たまたま日記2007年2月8日)だった。
春先から汗をかく暖かい日があり、梅雨前線は太平洋高気圧が東に位置したため変則的に動き、夏は酷暑が続いた。台風が直撃することが多く(たまたま日記2007年9月6日)晩秋まで発生した。10月に突然冷え込みがあり、紅葉がくすんで山の木野子に異変。
例年なら12月後半から年末に始めて雪が降るが、11月中旬に初雪(たまたま日記2007年11月19日)となり、気がつけば大晦日なのである。先程、2月が無かったと指摘したが、実は12月も無かったのである。

DSC_00333.jpg
Photo≫我がアトリエに鎮座する薪ストーブはフル回転で運転中

ところで、昨シーズンは暖冬で薪も灯油の消費も少なくて助かったが、今シーズンの冬の気候はどうなるのだろうか。
原油高の影響で灯油が急騰。18ℓの価格は一年前より400円以上の値上がりだ。我が集落の直ぐ上の菅平では、薪泥棒ならぬ灯油を盗む「油泥棒」が頻繁に出没し、警察の年末パトロールを強化している。
灯油が盗まれないように見張るのも大変で、また、焚くにも勇気がいる昨今。厚着をして日々を過ごしながら、凛とした冬の空模様を見守るしかない。

それにしても、暖房費を考えると「清貧」なる言葉を思い出す。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ

2007年12月30日

本年最後の取材は輸入住宅雑誌で神奈川県逗子市へ

DSC_50047.jpg
Photo≫JR横須賀線・逗子駅前ロータリー

本年、最後の取材は、輸入住宅雑誌の特集ページの件で、神奈川県逗子市の瀟洒な住宅だった。

朝一、氷点下の真田町から愛車サファリで上田駅へ。長野新幹線のパークアンドライドを使おうと2ケ所の指定駐車場に向かうが、すでに満車。年末の土曜は混んでいる。
東京駅経由で横須賀線の逗子駅に降りると、流石に暖かい。鎌倉の南、三浦半島の古くからのリゾートなのも理解できる。横須賀に兄が住んでいるので、何時もは通過するのだが、逗子で降りたのは確か学生時代以来だと思う。

さて、取材先はアンティーク家具・建材等を取り扱う横浜の輸入商がオーナーのお宅。JR逗子駅北側の山手に佇んでいた。
イギリスの古い納屋を解体輸入したというお洒落な3階建ての住宅で、様々な補強構造を施しながらも、アンティークハウスそのものが持つ本物の時代感と、様々なアンティーク建材と家具による意匠アレンジが何とも素晴らしかった。

オーナーとの話しは取材というよりも、住宅史・アンティーク論などにまで及ぶもので、思わず録音していたMDを止めて、今日の輸入住宅は如何なものか?というアンチテーゼまで飛び火(笑)…、話に花が咲いてしまった。2ページ分の紙面を埋める写真を撮影し、ちょうど昼に取材が終わる。

昼飯を何処にしようかとストリートフォトを撮りながら駅周辺を散策。

DSC_50048.jpg
Photo≫駅前に魚屋。クーラーバッグを持ってくればと猛省する

「昼飯処」感知センサーの針がレッドソーンに達し、足がピタッと止まる。明らかにバーという雰囲気の外観。ランチタイムのカレーがお勧めというメニューが目に留まる。

DSC_50049.jpg
Photo≫レストランバー・match point(マッチポイント)。地図と詳細はコチラ

木製の重厚なドアーを開けて一歩入るとジャジーな空間。そして、カレーのスパイシーな香りが漂う。カウンターとテーブル席に常連さんと思しき客が数名。
カレーにはエッグ・チキン・ポーク・海老など8種類あり(735〜945円)、カレーの基本であるチキンカレーを注文する。

DSC_50052.jpg
Photo≫自称カレー評論家の我輩もOKを出したチキンカレー

ホロホロと取れるほど煮込んだ骨付き肉がドンと中央に腰を据え、なかなかボリュームがある。
塩とスパイスが利いたコッテリしたカレーで、米の炊き方も上手。悪くない…美味いぞ。食後にちょっとしたデザートでパイナップルが出てきた。パイナップルでスパイスの刺激を抑え、口をさっぱりさせるあたりは気が利いている。
我輩が食べている間にも数人の若い女性(全員個性派系美人で吃驚)がカレーを食べにきたことから、逗子においてかなりの人気店と考えられる。奥にはピアノもあり、食べ物メニューと酒類も充実していて人気のバーなのだろう。

DSC_50055.jpg
Photo≫match point(マッチポイント)の道向いは亀ヶ岡八幡宮

帰宅してWebで調べると、やはり逗子の人気レストランバーだった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ・その他

2007年12月05日

JT上田工場跡地の大型商業施設開発反対派、万策尽きたか?

DSC_0125.jpg
Photo≫上田市の中央商店街中心部・原町交差点の「一富士」が倒産。マンション開発が始まった

9月後半から10月、11月末まで、JT上田工場跡地の大型商業施設開発問題で、都市計画法に基づく行政側の推進、また、様々な反対派の攻防があった。

まず、富山の某氏による別プランの建築基準法48条第12項の規定に基づく建築許可の申請による抵抗で、上田市建築審査会に請求し昨年から係争中だったが、その攻防が10月頭にピークを迎えていた。マスコミが取上げなかったので、知らない方が殆どと思うが…。
某氏のプランは許可が下りず、上田市は都市計画法を盾にJTの開発進めているのは異常…と。某氏の訴えのポイントは、建築基準法がベースの法律であり、都市計画法はその延長線にあるもの。よって、「上田市の都市計画法によるJTの開発推進は明らかに法律違反」と、上田市建築審査会に出頭し意見陳述したのである。

その後、別の動きが出る。
市民有志が「直接請求の署名活動をする会」を立ち上げ署名を開始。といっても、分裂した反対派の一つのグループ・過激反対派商店主たちが、街並み再生に成功した「柳町」(安藤州平Webアトリエ/小言甘辛放談・2004年4月29日)を巻き込んでの署名活動だった。
先月末、提出された署名数を選管が確認、30日、地方自治法に基づき「大型商業施設の出店規制条例の制定」を母袋創一市長に直接請求したのだ。
そもそも直接請求は選挙で選ばれた首長と議員の判断を縛り補完するものだ。直接請求されること自身、不名誉なことであり、首長や議員が抵抗するのが殆ど。これらの市民運動を成功させるには、議会に手を突っ込み、市民運動に賛同する議員グループを誕生させ、議会に上程した際に、確実に、議決する環境を作らねばならないのである。今回の反対派を見る限り、そこまで手を回すメンバーはいないようだ。
さらに「柳町」を巻き込んだのは正解だったのだろうか?柳町の街並み再生のスタートは有志住民による補助金なしの動きだった。が、現在の柳町の街並みは市の肝いりの整備もあって出来た。市サイドから見れば、街並み活性化の成功例であり、また、優等生として柳町を育てた訳で、「飼い犬に手を噛まれた」状態である。

で、市長はどうするのか…と注目していた。
昨日、その動きがあった。
母袋創一市長は「都市計画法違反」、「地方自治法の趣旨に反する」、「制定すべきでない」という意見書を付け、市議会に上程したというからお笑いだ。
市民に同調したふりを見せ、水面下で議会に働きかけてから上程し、議論の上「否決」とするのかと思えば…。
なかなか過激だなぁ。

どうやらJT上田工場跡地の大型商業施設開発反対派の万策は尽きたようである。

DSC_78901.jpg
Photo≫松尾町に昨年まであったセブンイレブンの跡に、お洒落なカフェ「Rin's Coffee」が誕生。オーナーの鴇澤氏の話しでは2000年頃からカフェ開業の研究をしていたとのこと。本格的で実に美味しいコーヒーが飲める。今月中は「オープン記念でプライスオフ」とお得

さてさて…、現在、着々とJTとセブンアンドアイ側のプランは進んでいるはずである。
共存共栄するよう方策を見つけるため「円卓」を急いで準備し、協議を始めなければ「本当の手遅れ」になる。
その中から、中央商店街が生き残る様々な「ウルトラC」が出るかもしれない。いや、出さねばならない。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】