2007年12月31日

2007年の締めは年末寒波で大雪

DSC_00313.jpg
Photo≫昨日から雪が降り続く。今年は年末寒波だが、何年ぶりだろうか?

先週の週間天気予報が当たり、2007年から2008年への年末年始は強い寒波の中にあるようだ。
季節風が西から吹き込み日本列島は西から東、当然ながら北まで大雪に見舞われている。

年末年始の寒波が恐ろしいのは、交通障害・交通事故はもちろん、我が信州などの山国では雪崩や冬山登山の遭難事故が多発することである。

現在、長野県各地には大雪注意報と雪崩注意報などが発令中で、三箇日の2日までに山間地の多いところで70cmの降雪量があるという。詳細は長野地方気象台気象警報・注意報を見て欲しい。また、信州に滞在されている方々は長野地方週間天気予報を見ていただければ、今回の寒波が本格的なもので、新年の4日まで天候に注意する必要があることがお分かりだろう。

さて、大晦日に本年の気候的特徴を纏めてみる。

暖冬で年が明け、厳冬の2月が無いような真冬(たまたま日記2007年2月8日)だった。
春先から汗をかく暖かい日があり、梅雨前線は太平洋高気圧が東に位置したため変則的に動き、夏は酷暑が続いた。台風が直撃することが多く(たまたま日記2007年9月6日)晩秋まで発生した。10月に突然冷え込みがあり、紅葉がくすんで山の木野子に異変。
例年なら12月後半から年末に始めて雪が降るが、11月中旬に初雪(たまたま日記2007年11月19日)となり、気がつけば大晦日なのである。先程、2月が無かったと指摘したが、実は12月も無かったのである。

DSC_00333.jpg
Photo≫我がアトリエに鎮座する薪ストーブはフル回転で運転中

ところで、昨シーズンは暖冬で薪も灯油の消費も少なくて助かったが、今シーズンの冬の気候はどうなるのだろうか。
原油高の影響で灯油が急騰。18ℓの価格は一年前より400円以上の値上がりだ。我が集落の直ぐ上の菅平では、薪泥棒ならぬ灯油を盗む「油泥棒」が頻繁に出没し、警察の年末パトロールを強化している。
灯油が盗まれないように見張るのも大変で、また、焚くにも勇気がいる昨今。厚着をして日々を過ごしながら、凛とした冬の空模様を見守るしかない。

それにしても、暖房費を考えると「清貧」なる言葉を思い出す。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ