2008年02月22日

寒暖差20℃以上。最低気温は氷点下10℃、最高気温10.5℃の日、神川に渓流釣り解禁後最多の釣り客

DSC77_0005.jpg
Photo≫寒暖差20℃以上の春のような一日。岩魚と格闘する釣り客

一ヶ月ほど厳しい冷え込みだった。しかし、ようやく春めいてきた。といいつつも1日の寒暖差は20℃以上だ。明け方の最低気温は氷点下10℃、昼過ぎの最高気温は南風も吹き込み10.5℃となる。ファンヒーターの灯油を買いに行くとき、神川には今シーズン最多の渓流釣り客が、岩魚との遣り取りを楽しんでいた。

DSC77_0008.jpg
Photo≫首都圏のフライフィッシングのプロショップでも紹介される渓流釣りのポイント、千曲川水系の神川、大日向集落付近

さて、一週間前の解禁前夜のことだが、10時頃、珍しい方から電話があった。昨年、2007年11月29日のこのブログに登場したオーディオのルームチューンのパイオニア・サーロジック社長の村田研治氏だった。
遣り取りは、当然の如く漁協が何処のポイントに山女と岩魚を放流したかという情報交換。
最後に「出られる前に一本電話を下さい。淹れたての珈琲を用意してお待ちしてますから…」と付け加えた。
翌日の解禁日の午前中、朝一の釣りを楽しまれた村田氏が我がアトリエに来られ、オーディオ談義から、薪ストーブやら渓流釣りなど「山暮らしの四方山話」となった。

さて、明日からまた寒波が襲来するという。我輩の初渓流釣りは何時にしようか。

安藤州平Webアトリエ