2008年03月19日

まさか…『年金特別便』がやってきた

DSC22_0008.jpg
Photo≫手元に届いた厚生労働大臣のサインがある『年金特別便』。

まさかと思ったが、どうやら5000万件と言われている宙に浮いた年金記録の持ち主だと思われる人物に該当したようで、手元に『年金特別便』が届いた。
書類を説明するリーフレットには、厚生労働大臣のサインが大きくレイアウトされ、紙面を見る限り何か違和感が漂う。

書類の内容を見れば、愕然。昭和58年から平成元年までのサラリーマン時代の年金が抜けている。
おいおい…覚悟はしていたが冗談じゃない。

気を取り直して、勤めていた京都の会社の古い友人に電話を入れ「年金特別便という不幸の手紙がやってきた」という我輩に友人は「来ましたか。大変だねぇ」。
お互いに近況報告をしながら「総務部に直接電話を入れたかったが、顔を知っている社員が残っているかどうかも分からない。オレオレ詐欺と思われてもしょうがないので、事情と共にこの電話を回してくれないか…」とお願いする。

結局、我輩がサラリーマン時代の知人が総務部にいて対応し、昭和58年5月9日から平成1年3月20日までの記録が抜け落ちていたことが判明。特別便に同封されていた「年金加入記録照会票」の「訂正有り」に印をして、勤めていた会社名、住所、勤務期間を記入。
上田市のJP本局へ行きポストに投函する。

DSC23_0079.jpg
Photo≫ポストに投函するのは、手元に届いた年金特別便の年金加入記録照会票。思わず記録写真を撮影する

ここ数年の年金問題、政治家たちの年金不払い、国民年金と厚生年金の統合、年金基金を使ったリゾート施設のずさんな経営と破綻、ただのような売却、何千万件にも上る宙に浮いた年金記録、その後のゴタゴタとした対応…挙げればきりがない。
以前から人口構成上、あまり得をしない年代に生まれたと思い、まったく違うシステムにしないと年金が破綻するであろうと、醒めて見ていた我輩。年金に関わる様々な問題を、訝しく斜に構えて眺めてきたのだ。

しかしながら、この年金特別便のおかげで、体たらくな年金行政の諸問題の当事者となってしまった。
今後、『年金』という二文字がある報道は必ずチェックすることになるだろう。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

2008年03月16日

我がWebアトリエのコンテンツ「信州カリー(カレー)研究所」に日の目が当たる

DSC22_0003.jpg
Photo≫インド料理に使うスパイスボックスと各種手作りマサラ。手前中央のカリーはトマトジュースベースのヨーグルトで仕上げた”ほうれん草とシメジのカリー”。白い小皿は友人から頂いた絶品の福神漬け

ここ半月、我がホームページのアクセス解析に異変が起きた。トップメニューの「趣味のサイト」の上から6番目にあるコンテンツ「信州カリー(カレー)研究所」のアクセス数が一桁アップで伸びたのだ。以前から、スパイスやカリー(カレー)の人気ブログにリンクされGoogleやYahoo!でそこそこ人気があったコンテンツなのだが、この現象は尋常ではない。

すると、先日、見慣れぬ電話番号で携帯が鳴った。電話の主はabn長野朝日放送で毎月1回土曜日に放送している「料理対決 遊クッKING」の担当で上田在住のKディレクターだった。10年続く長寿ローカル番組で、クッKING隊が全国各地の名食材を探し求め、その食材を使って料理対決をするという料理エンターテイメントだ。
彼や関連スタッフの方々が、我がWebアトリエ内の信州カリー(カレー)研究所に度々訪れていたようだ。アクセス数の増加も納得できる。

Kディレクターは、真田町の大日向にある我がアトリエの隣組・隣人のフリーランス樵の熊崎一也氏(やはり移住組)の知り合いで、以前から我輩の存在を知っていたようだ。
先日、女性レポーターとスタッフ総勢5名で取材にやってきた。放送前なので詳細は書けないが、3月29日17時から放送。是非そちらを見ていただきたい。

ところで、このような状況下に置かれた我輩に便乗する呑み仲間がいたのだ。2005年の3月21日に我がアトリエで開催した「インドカリー酒宴ワークショップ」に参加した仲間で、ブログに度々書き込みをする方なのでお分かりかと思うが…。
ある業務連絡の電話で近況(上記の内容)を話すと「ほほ〜ん。ならば大量にインドカリーができるはず。ジップロック一箱を送るから、一袋一人前で入れて長野市に来る際、持ってくるように。忙しい主婦たちの夕食メニューの支援になる」と。
はいはい。確かに、毎年、開催していた”インドカリー酒宴”は、ここ3年ほど忙しさにかまけてサボっている。その気持ちも分かる…。

しかしながら、こっちはカリー研究所所長として、うら若きレポーター2人に何としても「美味しい」と言わせるために、精魂込めて準備し、TVカメラの前でスパイスを調合して料理、勝負の試食でヘトヘトの状態。
呑み仲間のリクエストに応えるべく自らにムチを入れ、取材クルーが帰った後、数人分の”ほうれん草カリー”と”卵とエビのココナッツカリー”を仕込み、我輩も夕食とする。
翌日、我がカリー研究所のラベルを貼った2種類の手作りインドカリーのジップロック数袋は、長野市の呑み仲間たちへ旅立っていった。

話を戻すが、我がWebアトリエのコンテンツ”信州カリー(カレー)研究所”に日の目が当たることになった長野朝日放送の「料理対決 遊クッKING」は、3月29日17時〜17時30分に放送だ。

安藤州平Webアトリエ


【スパイス・豆の専門店/アメ横大津屋】
posted by 州庵 at 09:45| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ・その他

2008年03月15日

某"速報写真グラフ"の取材で千曲市の長野県歴史館へ

DSC23_0009.jpg
Photo≫『長野県埋蔵文化財センター速報展2008』のオープニング特別考古学講座『シンポジウム/柳沢遺跡を考える』

某新聞社出版局の”速報写真グラフ”の取材で、千曲市の長野県歴史館で本日から開催した『長野県埋蔵文化財センター速報展2008』と、そのオープニング特別考古学講座『シンポジウム/柳沢遺跡を考える』に行ってきた。
速報展とプログラムの概要は、長野県埋蔵文化財センターをご覧あれ。興味のある方は、是非、行くことをお勧めする。日本の黎明期において、長野県が実に面白いポジションであることが分かると思う。

速報展のメインである柳沢遺跡は、昨年の秋、「埋納坑」から弥生時代の青銅製祭器「銅戈」7本と「銅鐸」一つが出土し注目された。
飯山市に近い千曲川右岸に位置し、発掘は国土交通省の堤防整備に伴い、昨年度から始まった。銅戈と銅鐸は地表から約1.5m下で、銅戈は刃を上に向け、銅鐸は鰭を上下に横たわって埋納されたような形で見つかったのである。

その後の調査で、1本は九州北部を中心に出土している「九州型」、他の銅戈は大阪湾周辺で出土例のある「大阪湾型」と分かり、両方が同時に出土したのは全国初とニュースになった。最新の詳しい記事は信濃毎日新聞3月1日(土)「九州型と大阪湾型銅戈同時出土 全国初 中野の柳沢遺跡」を見ていただきたい。
当然ながらこの発掘のニュースは、日曜考古学者たちの心を鷲掴みにした。発掘現場での公開見学会には約2000人が詰め掛けたのである。

歴史館には2時間前に到着したが、既に、玄関ホールと特別展示室はかなりの人込み。シンポジウムの開会一時間前に全300席が満席という盛況ぶりで、少々、吃驚。

弱った。こうなると昼飯の確保が難しくなる。

歴史館の周辺にはレストランがなく、館内の食堂は席数も少なくメニューも心もとないレベルだ。シンポジウムは12時30分から16時で、大抵、1時間ほどオーバーする。昼飯を食べておかないと空腹に悩ませられるのである。
食堂を覗くと、日曜考古学者のオジサンとオバサンで足の踏み場もない状況。「カレーはまだか…」、「蕎麦ぐらいのメニューで何時まで待たせるの」とのクレームに、日頃、閑古鳥の食堂のオネエサンたちは体験したことがないような環境におかれ眼が白黒状態。

DSC23_0008.jpg
Photo≫館内の食堂で発見した"古代風弁当"という大袈裟な名前のおにぎり弁当。525円也

その状況下で、写真の"古代風弁当"を発見、確保した。同行したライターと共に、春の日差しが暖かい中庭で食す。赤飯のようなものは古代米、白いほうはヒエが混ざったオニギリ。サトイモとニンジンなどの煮しめと、チキンピカタ、栗とワカサギの甘露煮という組合せ。

シンポジウムは、出土した銅戈、銅鐸の特徴や埋納時期、持ち込まれたルートなど議論が展開し実に面白い内容だった…のだが、昼飯は何と最早の内容だった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・その他

2008年03月13日

一気に「春」と「円高」のスイッチが入る

DSC12_0006.jpg
Photo≫数日前、アトリエの庭に春の使者「福寿草」が咲いた

信州上田真田町の大日向という山の集落に暮らして、早や十年少し。いろいろと素敵な「春の足音」を楽しむ暮らしだったが、こうも一気に「春」がやってくるとは…。
驚きの一言。

先日のたまたま日記「やはり厳冬。2月の平均気温が平年を下回った」で、"今シーズンの冬は暖冬から始まり、寒さがS字カーブを描いたようで、年開けとともに2月の厳冬がやってきた"と指摘したが、これでは"S字カーブ"というより"L字クランク"である。

本当に「一気に『春』のスイッチが入る」状態。ここ数日、最高気温15℃で4月の暖かさ。
体がついていかず、少々、風邪気味の状態。

DSC12_0010.jpg
Photo≫真田郵便局からの夕日。春霞と黄砂の影響か…まるで月のようだ

ちなみに、桜の開花予報が修正された。例年より一週間ほど遅れるという予報から、2日ほど例年より早い―と。
スイッチのON―OFFのような季節の移ろいでは、天気予報士も大変な仕事だなぁ〜と同情する。地球温暖化の影響による「異常気象」というより、「博打的気象」と呼びたくなる急激な季節の移ろいなのだ。

そうそう、話しは飛ぶが12年半ぶりに1ドルが100円を切るという円高ドル安。原油高、株安と共にトリプルショックの様相。こちらも一気にスイッチが入った。
ワインを個人輸入している我輩には嬉しい話なのだが…。

噂されている「日本経済の3月危機」。不気味な状況となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】