2008年03月15日

某"速報写真グラフ"の取材で千曲市の長野県歴史館へ

DSC23_0009.jpg
Photo≫『長野県埋蔵文化財センター速報展2008』のオープニング特別考古学講座『シンポジウム/柳沢遺跡を考える』

某新聞社出版局の”速報写真グラフ”の取材で、千曲市の長野県歴史館で本日から開催した『長野県埋蔵文化財センター速報展2008』と、そのオープニング特別考古学講座『シンポジウム/柳沢遺跡を考える』に行ってきた。
速報展とプログラムの概要は、長野県埋蔵文化財センターをご覧あれ。興味のある方は、是非、行くことをお勧めする。日本の黎明期において、長野県が実に面白いポジションであることが分かると思う。

速報展のメインである柳沢遺跡は、昨年の秋、「埋納坑」から弥生時代の青銅製祭器「銅戈」7本と「銅鐸」一つが出土し注目された。
飯山市に近い千曲川右岸に位置し、発掘は国土交通省の堤防整備に伴い、昨年度から始まった。銅戈と銅鐸は地表から約1.5m下で、銅戈は刃を上に向け、銅鐸は鰭を上下に横たわって埋納されたような形で見つかったのである。

その後の調査で、1本は九州北部を中心に出土している「九州型」、他の銅戈は大阪湾周辺で出土例のある「大阪湾型」と分かり、両方が同時に出土したのは全国初とニュースになった。最新の詳しい記事は信濃毎日新聞3月1日(土)「九州型と大阪湾型銅戈同時出土 全国初 中野の柳沢遺跡」を見ていただきたい。
当然ながらこの発掘のニュースは、日曜考古学者たちの心を鷲掴みにした。発掘現場での公開見学会には約2000人が詰め掛けたのである。

歴史館には2時間前に到着したが、既に、玄関ホールと特別展示室はかなりの人込み。シンポジウムの開会一時間前に全300席が満席という盛況ぶりで、少々、吃驚。

弱った。こうなると昼飯の確保が難しくなる。

歴史館の周辺にはレストランがなく、館内の食堂は席数も少なくメニューも心もとないレベルだ。シンポジウムは12時30分から16時で、大抵、1時間ほどオーバーする。昼飯を食べておかないと空腹に悩ませられるのである。
食堂を覗くと、日曜考古学者のオジサンとオバサンで足の踏み場もない状況。「カレーはまだか…」、「蕎麦ぐらいのメニューで何時まで待たせるの」とのクレームに、日頃、閑古鳥の食堂のオネエサンたちは体験したことがないような環境におかれ眼が白黒状態。

DSC23_0008.jpg
Photo≫館内の食堂で発見した"古代風弁当"という大袈裟な名前のおにぎり弁当。525円也

その状況下で、写真の"古代風弁当"を発見、確保した。同行したライターと共に、春の日差しが暖かい中庭で食す。赤飯のようなものは古代米、白いほうはヒエが混ざったオニギリ。サトイモとニンジンなどの煮しめと、チキンピカタ、栗とワカサギの甘露煮という組合せ。

シンポジウムは、出土した銅戈、銅鐸の特徴や埋納時期、持ち込まれたルートなど議論が展開し実に面白い内容だった…のだが、昼飯は何と最早の内容だった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・その他