2008年11月24日

薪仕事と道具の手入れ。先ほどから雪だ

DSC_maki0015.JPG
Photo≫薪仕事で愛用するチェーンソウと薪割り斧。後ろには薪にする様々な樹木の丸太

ようやくブログ再開である。
3月末から書籍編集と装丁の仕事が立て続けに入り、その合間に住宅雑誌の取材などをこなすという綱渡り状態だった。そこでブログは暫く「塩漬け」と決めていた。その間、サーバーのアクセスログだけはチェック。が、訪問者数の低下は見られず、そろそろ再開しないといかんかな…との思いでキーボードを叩く。

さて、既にこの山郷は冬。毎朝、アトリエ付近を散歩すると周囲の山の山腹から上は霧氷が美しい。広葉樹の紅葉は終わり、唐松の黄金色の紅葉も日を追って輝きを落とし、冬の山の静かな表情に変わりモノトーンに近い。

昭和初期の古民家の我がアトリエの主暖房は薪ストーブであることは、常連の読者はご存知のはず。一月前から朝晩薪ストーブで暖をとっているが、もう終日焚き続ける本格的な冬が目の前だ。
薪にする乾燥丸太は確保済みで、暇を見ては2日分の玉切り(薪割りの前の状態で長い丸太を短く切る作業)と薪割をしている。

以前は生木を玉切りし薪割りをしてから乾燥させていた。今は山仕事を営む友人から少し寝かした間伐材や材木に向かない雑木の乾燥が進んだ丸太が手に入る。薪ストーブのシーズン中、2日に1回は薪割りをし、仕事などによるストレス解消にお恥ずかしながらピッタリなのだ。

こういうスタイルになると薪仕事の道具は何時も調子よくなくては困る。手入れが重要となるのである。 

愛用しているチェーンソウは2台で、10年来使っているドイツ・スチール社製の011AVT(写真の右)と新入りの028AV・SUPER(写真左)だ。前者の011AVTというチェーンソウは排気量が小さくアマチュア用で、ソウのバーも短いから太い丸太を切るのに力不足、一苦労していた。後者の028AV・SUPERは、先日、ヤフオクで落札した私でも使えるプロタイプで、そこそこの排気量があり、程度のいい中古チェーンソウだ。
また、いろいろな樹木を薪にして焚く我輩は、硬い木や柔らかい木に合わせて4本の薪割り斧(写真には3本しか写っていないが、4本目は日本伝統の斧だ)を使い分けている。

この3連休は薪仕事に加え、これらの道具の手入れをしていた。チェーンソウの目立てと分解清掃、そして斧の刃砥ぎとヘッドに塗られた赤ペンキ(錆止めなのだが、ペンキの禿げ方で、ヘッドが樹木に垂直に入っているのかが分かる)の再塗装だ。

DSC_maki0023.JPG
Photo≫アトリエ内に2台ある薪ストーブの一つ

このブログでも原油価格の異常な高騰を昨年から指摘していたが、アメリカ発の世界金融危機・同時不況のため原油価格がようやく下落。しかし、寒冷地の生命線である灯油価格は下がりつつも、数年前と比べれば高止まり状態だ。4〜5年前から薪ストーブの人気上昇傾向が強いが、単なる「炎の雰囲気が好き」というイメージから、灯油高騰対策として普及しつつあるようだ。
先日、仕事の友人に「今シーズンの冬は暖房に灯油を使わず乗り切って見せる」と宣言した。が、果たして薪だけでこの冬を過ごせるのだろうか…。暖冬であることを祈る。

冷えてきたぞ。外を見れば15時頃から降り始めた雨が雪になっている。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 薪ストーブ