2009年11月06日

愛車の乗替え・ランドローバー ディスカバリー Tdi S ディーゼルターボ 4WD

ついに愛車の乗替えである。

我がブログやホームページに訪れる方はご存知と思うが、日産サファリ・グランロード・4200ディーゼル・4WDを全国各地の取材の足に使っていた。
平成8年から乗りはじめ、走行距離31万キロ。
昨年、足回りなどの大手術を伴う車検を、大枚を叩いて通し、先月、定期点検に出したところ寿命も近いと判明。
「おいおい!去年の車検は何だったの!」と長年付き合っているディーラーに愚痴をこぼす。
愛車サファリを眺め「おまえとは全国各地を取材をしたなぁ」と語りかけ涙を流す。本当に良く走ってくれた。

さてさて困った。
不景気で稼ぎが激減する中、早急に新しい愛車を探すことになり、あたふた…。

予算を決め、車種を絞り、ネットで探し、仕事の打合せで各地に行く際はクロカン中古車屋を巡り、ついに塩尻市で候補発見。
車に凝ったりマニアックな方々が一発で気に入る中古車屋さんROAD RUNNER AUTO DEPT でランドローバー ディスカバリー Tdi S ディーゼルターボ 4WD を購入することになった。

RIMG0575.jpg
Photo≫新しい相棒のランドローバー ディスカバリー Tdi S ディーゼルターボ 4WD とフロントガラスを磨くROAD RUNNER AUTO DEPT代表の重松氏。ルーフ・キャリアーはサファリで使っていたのを取り付けた。後方に見えるのは引退したサファリ。

代表の重松伸也氏はかなかの紳士で、名義変更等手続きから車の様々な調整、納車作業は実に丁寧。
お勧めの中古車屋さんである。

本当にお世話になった。
今後ともよろしくお願いしたい。
というよりレアでお洒落な車が多く、重松氏の車の薀蓄が光るので、これからはドライブがてら通うことになりそうである。

RIMG0577.jpg
Photo≫引退となった愛車サファリ。

改めてサファリを眺めると、過酷に走り込むオーナーから解放され、何となくホッとしているようである。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
posted by 州庵 at 22:48| Comment(1) | TrackBack(1) | グルメ・その他