2010年07月22日

知る人ぞ知る佐久市「川村吾蔵記念館」

確か2000年のことだった。

長野県学芸員懇話会第3回勉強会で、県内の学芸員の方々にミュージアム・プランナーとして講演をさせて頂く機会を持ち、「展示業界から見た博物館展示計画」と題し、業界内の面白い裏話を交えながら、博物館の展示コンテンツ計画と取材・制作・施工について話をした。

そのときに出会った懐かしい知人から職場異動の知らせがゴールデンウィークのころ届いた。
佐久市の田口地区の五稜郭公園に3月30日オープンした「川村吾蔵記念館」へ勤め先が変わったという。

先日、佐久市内で撮影があり、時間を調整して美しい彫刻を見ることで目の保養を―と、訪ねてきた。

RIMG0814.jpg
Photo≫とこぞのクリニックと思ってしまう「川村吾蔵記念館」。いやいや良い建物。少々、辛口すぎた

五稜郭公園とは、江戸時代の信濃の小藩・竜岡藩が幕末に築いた五つの稜が星型に突き出ている洋式城郭に、整備された公園である。
北海道函館市に建造された城郭「五稜郭」とともに、当時日本で二箇所しかなかった先進設計概念の城郭だ。

彫塑家・川村吾蔵(1884−1950年)は、同市旧臼田町出身で、主に米国で制作活動をしたため、日本であまり作品は知られていないダークホース的な存在なのである。

戦前に米国へ渡りニューヨークなどで彫刻を勉強、フレデリツク・W・マクモニスに師事し、高さ12メートルもあるニューヨークの平和凱旋(がいせん)門・戦勝記念碑など共作、高い評価を得、これらの屋外彫刻は川村作品の神髄といわれている。また、理想的体形の乳牛像を制作し、「牛のGOZO」として全米で有名になった。

太平洋戦争開戦直前に帰国する。
故郷臼田に疎開したが「米国帰り」と後ろ指を差され苦労の日々が続く。終戦を迎え、軽井沢で通訳をしているとき、訪れたアメリカ人に『牛のGOZO』と面をわられ、アメリカ海軍横須賀基地美術最高顧問となった。住居とアトリエを提供された川村は、マッカーサー元帥をはじめ将校などの胸像を制作することになる。胸像はその他にヘレンケラー、友人の野口英世や島崎藤村などがある。

長野県内で我輩が知る川村作の胸像は、上諏訪の千人風呂「片倉館」の受け付け手前の左に建つ片倉財閥として繁栄を極めた二代目片倉兼太郎の胸像で、1930年5月に制作された。片倉財閥とは明治6年(1873年)に長野県で製糸業を興し急成長した財閥で、片倉館は洋風建築の文化福祉施設として昭和3年に建てられた温泉浴場である。

RIMG0819.jpg
Photo≫最寄のJR小海線の臼田駅、北にある踏切から見た浅間山。ここから記念館まで、車で5分

ところで、芸術家とは因果な生き方である。

特に戦前から戦中に成長した芸術家は、川村だけでなく先の大戦でいろいろな苦労をしたゆえに、種々のレッテルを貼られるということがあった。特に川村はGHQに支援された一方、米軍に取り入ったとレッテルを貼られ、先にも述べた「ダークホース的存在」の理由は、この辺の事情が影響したのかも知れない。
今考えれば当時の芸術界における光と影であったのだ。

さて、川村吾蔵記念館には旧臼田町に遺族から寄贈された作品が収蔵・展示されている。彫刻は492点で、その内訳は胸像などブロンズ像が47点、石こう38点、木彫は1点があるという。デッサンなど素描は210点、手紙や写真などの資料類も数多くあり、その殆どが収蔵庫に保管されている。

RIMG0813.jpg
Photo≫「川村吾蔵記念館」のリーフレット

尚、展示室は撮影禁止でカメラをしまったため、このブログでは紹介できない。なので是非、現地へ足を運んでもらいたい。

「正統な彫刻とはこう在るべきもの」と、納得できる川村作品が堪能できるはずである。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



2010年07月15日

凌霄花(ノウゼンカズラ)を愛でる子猫の"スガ君"

上田の実家にある凌霄花(ノウゼンカズラ)が満開となった。
リビングルームの出窓から見える、蔓を伸ばして咲き乱れている姿は、何処と無くエキゾチックだ。

RIMG0290.jpg
Photo≫亡き父が新築祝いで頂いた凌霄花は、この季節、21年間、我が家族と歩行者を楽しませている

その出窓は、先日(7月4日)に登場した子猫の"スガ君"のお気に入りの場所で、寝床に次ぐ「別荘」とご紹介したと思う。

"スガ君"の午前中の生活パターンは、早朝目覚め、ご飯を食べ、用をたし、一頻り遊んで走り回った後、ここの場所でひと寝入りする。
子猫が遊ぶのを見るのは実に面白いのだが、我輩が新聞を読む時、違う頁から潜り込んで、穴を開けて顔を出したり、紙面に乗って破いたり…するのには、引きつりながらの笑顔になる。

RIMG0302.jpg
Photo≫リビングルームからの凌霄花ビューポイントで、ダイナミックなあくびを放つ"スガ君"

出窓の別荘でひと寝入りする前、外を眺め溜息をつき、あくび連発。その様子を見ると、明らかに凌霄花(ノウゼンカズラ)を愛でているのである。

RIMG0285.jpg
Photo≫ノウゼンカズラ(凌霄花、Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科の蔓性木本。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、庭などでよく栽培される。中国原産

RIMG0314.jpg
Photo≫寝るはずなのに顔を洗い出した。これから雨が降るのか?それとも…

RIMG0284.jpg
Photo≫やはり眠そうである。前に飛び出した左前足の力の抜け方は睡魔にやられている証拠だ

さて、子猫の"スガ君"。我が実家に来たときは体重1kg、寝る子は育つ…というが、日々成長し体重は300g増。体長も1.3倍となり、やんちゃ盛りである。

本気で遊んでやると血を見る事態に。必需品のひとつに"絆創膏"が加わった。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



posted by 州庵 at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の話し

2010年07月12日

上田の象徴・太郎山の逆さ霧

ここのところ徹夜が多い(本来なら仕事で徹夜をしたいのだが、こうも閑古鳥では…)。

サッカーのワールドカップ、テニスのウインブルドン、与野党逆転となるのか―という参議院選など、ライブで見なければ意味が無いヒューマン・ドラマ続き。
勝者予想好きの我輩としては、気掛かりな日が続いた。

そして本日、未明でひと段落。

ワールドカップは、どこぞのタコの完璧な勝敗予想的中率に脱帽。しかし、参議院選は、野党過半数議席を占める…という予想通りの結果。

さて、写真は4時間ほど前に出現した「太郎山の逆さ霧」である。何時出るか分からないといわれる自然現象なのだ。

RIMG0249.jpg
Photo≫梅雨の初めと、秋の終わりに気まぐれに現れる「太郎山の逆さ霧」。太郎山はJR上田駅のお城口を降りると正面にそそり立つ山で、旧市街地の小学校では、必ず登山する市民の山だ

ところで、次に徹夜をするとすれば、与党民主党の「党内政局のすったもんだ」なのであろう。
また「衆参ねじれ現象」では、与党のあらゆる手段を乱発する政権維持と、政権奪回を目指す野党の奇襲戦術による戦いとなり、法案も通らず「ダッチロール連続の政局」となる。

誰が見ても「待ったなし」という我が国の状況において、またまた無駄な月日が流れていっては、欧米メディアの辛口論調で見られる「落日の日本」へと本当になってしまう。

ここ数ヶ月の「素人政治」には、目を覆うものばかりで、一言「甘っちょろい」のレベル。開いた口もふさがらない日々だった。
さらに菅総理は退陣せず、内閣改造をしないといい、これからも初心者マークの付いた内閣が続くらしい。

今後、選挙前に「政治家適格検査」を実施し、世襲であろうが無かろうが「出来る政治家」に登場してもらうしかない。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



2010年07月06日

森村誠一・松田優作の「人間の証明」の舞台『霧積温泉』

久々の温泉シリーズだ。
ここ数年、呑み仲間の橋場氏と嵌っている温泉がある。ひとつは松川渓谷温泉の『滝の湯』、もうひとつが紹介する霧積温泉の『きりづみ館』だ。

日本映画好きならご存知、森村誠一原作・松田優作の出演の「人間の証明」の舞台なのである。

映画のワンカットで忘れられない有名な台詞「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」は、この温泉への道、林道を場面とした森村のひらめきであり、劇中でもコンセプトを表す重要な件なのである。

信越本線の旧碓氷峠、軽井沢横川間の旧国道18号線からの入り口。横川から数キロ地点の二股を、右に、林道のような道に入り、鉄道施設群を目指して北上する。

RIMG0074.jpg
Photo≫二股の地点

RIMG0076.jpg
Photo≫鉄道のガードは、信越本線の旧碓氷峠、軽井沢横川間の鉄道施設群の一部

RIMG0077.jpg
Photo≫左の土手の上に「旧信越本線の碓氷峠」の電柱と架線が見える

RIMG0102.jpg
Photo≫現着直前に姿を現わす滝。周辺は有名な岩魚の釣り場

RIMG00891.jpg
Photo≫水車がシンボルの霧積温泉『きりづみ館』。山の中の一軒家で、ここから小一時間のところにもう一軒の宿がある

RIMG0101.jpg
Photo≫エントランスにあるショーケースには、かつてこの地が軽井沢が栄える前のリゾート地で、明治の中頃には別荘や商店が建ち、一時期大発展していた当時の写真や古地図、発掘の品々が展示してある。また、森村誠一のサインやロケ隊の写真も

RIMG0100.jpg
Photo≫明治時代の六角風呂を再現した風呂へは階段を、右の廊下を進むと岩風呂へ。時間帯によって男湯と女湯に入れ替わる

RIMG0090.jpg
Photo≫風情ある六角風呂。泉質はカルシウム硫酸塩泉、湯花が舞うキラキラした湯で、実に軟らかくしっとりし、じっくりと温まってくる

「霧積温泉入り口、坂元の町終り」から距離にして約9Km、狭い林道のような県道を進む。
ポッカリ開いた山郷は、明治中頃に栄えた地だが、今はその面影もなく群馬を代表する山奥の秘湯となっている。
この地の歴史を伝える宿は、大きな栃の木のうろを使った囲炉裏がある玄関横の大座敷など実に趣があり、与謝野晶子が「はつあきの霧積山の石亭 六方の窓霧にふさがる」と詠んだ宿である。
鼻曲山登山、旧中山道碓氷峠にある熊野皇大神社(軽井沢)までのコースなどの自然歩道ハイキング、霧積川では渓流釣りが楽しめ、近くの小根山森林公園は野鳥の種類日本一という。

フッと、松田優作の姿が現れてもおかしくないほど独特の雰囲気を漂わせる温泉なのである。

群馬県安中市松井田町坂本1668 電話/027−395−3865

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 01:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉

2010年07月04日

やって来ました。実家に子猫

数日前、上田の長野病院前にある実家に、菅平の十の原別荘団地から子猫がやって来た。

実に凛々しく、頭がよさそうで、愛嬌があり、元気な子だ。

一人になった母が「猫を飼いたい」と、相談があったのは先々月のこと。猫族のベテランで本物の猫好き。
父の葬儀にいらしたお弟子さんが「州平さん。実は猫が孕んでいまして、真田町のアトリエに猫を飼っていたと聞きましたが…」という話を思い出し、電話連絡。

「5兄弟の4番め、オスです」と、ダンボールに入り30km弱の旅をして到着。
当日と翌日は車で酔ったのか、上田の暑さからなのか吐いていた。が、写真の通りである。

「我輩は猫である」そのものなのだ。

RIMG0099.jpg
Photo≫名前は生まれた菅平の「スガ君」と決定。本人はどうでもよい感じだ

RIMG0089.jpg
Photo≫少々眠たそうだが、「おすまし」をする

RIMG0105.jpg
Photo≫「おすましスガ君」は、突然、爆睡。ゼンマイが切れたのだろう

RIMG0118.jpg
Photo≫寂しがりやで、我輩が胡坐をかくと「ミァー」と鳴きながら鎮座する。カメラを向けると「アップして」と明らかにアピールする

RIMG0126.jpg
Photo≫寝床以外に「別荘」を探し出したようだ。南東角の出窓で明るく快適な場所だ。どうやら長野病院の正門の通りを走る救急車が気になるらしい

RIMG0131.jpg
Photo≫別荘で「おすまし」

子猫のスガ君に感謝である。母の元気が戻ったようだ。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の話し