2010年10月13日

「ガラスの卵」17年を経て信州を舞台に続編を作り始める

我がWebアトリエの「写真ギャラリー」で、ここ2年ほどアクセス数が激増している作品がある。
知人友人に聞くと「ひそかに支持していた写真だ」、またWebアトリエの常連の方々にも「癒される」との評価を頂く。
こちらとしては「コンセプチャルなコマーシャル写真も作ってますよ」という程度で紹介していたのだが…。

それは1993年、南西諸島の石垣島・沖縄・奄美大島、また愛媛県松山にて撮影した「Egg」シリーズである。

egg051.jpg
Photo≫卵型の透明アクリルを風景のスパイスとして配置したり、卵の中に結像する風景の逆転像を作品としたシリーズ

作品を撮るきっかけは、ある日、東急ハンズでこの透明アクリルのタマゴと出会ったこと。
以来、数年間、出張の鞄の中にカメラと共に鎮座した。その頃、奄美大島や沖縄、石垣島の仕事が多く、様々な海岸でこのシリーズを撮ったのである。
マニュアルのペンタックス67でポジフィルムを使い、勘に頼る一発撮影。リアルで不思議な映像は1993年頃もCGで簡単に出来た。今日では尚更。しかし、この透明なタマゴを通し風景を眺めると、そこには現実の摩訶不思議な世界が出現したのだった。

作品制作の概略はさておき、8月頃からポストカードを作り、仲間に配りながら感想を聞くと、上々な手応え。

そこで、先月、17年を経て「ガラスの卵」続編を信州を舞台に作り始めることを決意。
透明アクリルの卵は、撮影で傷だらけになったので、信州へ移住する前に松山の呑み仲間にプレゼントしてきた。
今回の作品作りはデジカメで行うので、透明度と卵の中の結像のレベルを高める必要がある。そのため光学ガラスで卵が出来ないかと専門家に相談、特注した。

この三連休、各地でテスト撮影を決行。

RIMG1129-4.jpg
Photo≫「ガラスの卵・続編・信州」テスト撮影@/長野市の善光寺本堂にて

DSC_0050-1.jpg
Photo≫「ガラスの卵・続編・信州」テスト撮影A/軽井沢の白糸の滝にて

DSC_0051-4.jpg
Photo≫「ガラスの卵・続編・信州」テスト撮影B/同じく軽井沢の白糸の滝にて

ご覧の通りまだまだ時間が掛かりそうだ。
なかなか難しく、勘を取り戻すまでにあと何カット撮影するのであろうか…。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



2010年10月12日

JR長野新幹線・軽井沢駅の不思議な待合室

先週の土曜日の夕刻、冷たい秋雨の中、軽井沢駅へ友人を迎えに行った。

駅前ロータリーの駐車場が満車で、空車を待つ車の列に並ぶのをやめ、数百メートル西の有料駐車場に入れ駅へと向かう。
待合室で暖を取ろう…と駅舎内を探すが見つからない。

改札のある2階で、ようやく見つけたのがこの小さな待合室。

全国の新幹線駅を利用したわけではないので推定の域だが、ここまで小さな待合室は珍しいのでは…。

RIMG1128.jpg
Photo≫「猫の額」そのもののJR長野新幹線・軽井沢駅の待合室。利用者は地元と思しき方々が殆どだ。別荘客の皆さんは暖かいものを着て、完璧な暖房の高級車の送迎があるから待合室は必要ないのであろうか…。

面積は2畳程度、L字のベンチは5人程度が座れるだろうか…。改札口に対して直角に位置し、目の前だ。
見れば見るほど「駅舎計画の中で忘れていた待合スペースを売店のコーナーに無理やり押し込んだ」ような不思議な配置計画なのだ。

軽井沢は標高1000m。当然ながら短い夏のトップシーズンでも朝晩は涼しく、秋と春は寒く、冬は真冬日が続く寒冷地なのである。
改札のある2階は寒風が吹き抜ける。
お年寄りや子連れの母親たち、寒さに弱い方々にはキツイであろう。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



posted by 州庵 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記