2012年01月17日

「みる」と読む漢字はいくつある?

「みる」と読む漢字はいくつあるのか?ご存知だろうか。

その昔、といっても十代の頃、父の書斎で白川静を手始めに漢和辞典を片っ端から引きあさったことがある。
診、観、覧、視、見、瞰、督、看、監……。50弱ほど見つけたような気がする。
見るということが難しく、眼では見ているが頭で見る…と気がついたからだ。しかしこんなにあったので、全身全霊で見るのか…、見る対象との対話や行動まで…と興奮したような…(笑)。
瞰は俯瞰の一文字だが、もう1人の自分がいるのでは、と気がつく。身体から離れたもう一人の自分が上空を飛び回り、冷静に語りかけてくるのである。それに気づいただけでも驚きだった。
いまだにこのことを考えるのは、眼の使い方の再確認というか、頭で見ること、いや身体で見ることのトレーニング、人との関わりの為、鈍くならないよう鍛えるためである。

シャッターを切る者として、常々、感じることは「見る」ことの難しさだ。

見たいものだけを見てもしょうがない。見たくないと分かりつつ見ないのはもっとしょうがない。たとえ怖くても行動しないと答えが出せないはずである。
己がそこにいて表現するには、全てを見て可能な限り把握し、何に心動かされ、言葉に置き換え、作品の中に訴えるメッセージを入れる。
で…なければ、誰が撮っても同じといっても過言ではない、のでは…。
バラバラに好きな部分だけで組み立てるような、矛盾した理屈でシャッターを切っても何の意味く敗北である。

空間を把握し一瞬を切り取ることの難しさ、目の前に広がる空間を支配する難しさというか…。

全てを見透かしながら、心を無にしてシャッターを切る。
心を無にして見ながら、見透かすようにシャッターを切る。
「決定的瞬間」二度とやってこない運命の出会い。

頭と指先を直結させるのである。

空間はバーチャルなものでなく、刻一刻と時が流れる現実の世界。生きている故に、己の可能性にトライする。

RIMG071412.jpg
Photo≫ベリワイド100 SUPER ANGULON 47o。相棒の超広角レンズ中型カメラ。偉そうなことを書きながら何だこの写真は!…と聞こえてくるが、酔っ払って撮っております…と言い訳。

クリエイティブな世界、特に写真では、初心者の方々に望遠レンズやマクロレンズが好きな方が多い。ある種、簡単に写真が撮れるからなのだ。
見たいものだけを見て、周りの関係性を切り落とすことで楽に画面が構成できる。
中学の頃の我輩がそうだったのだ。

しかしながら、飽きていくというか…鍛えれば鍛えるほど、視野が広がり愛用のレンズが広角レンズに代わっていった。
高校の写真班では28oレンズ(広角)が自分の標準レンズとなり、大学では20oレンズ(超広角)が標準となった。
長玉は飛び道具のようで、広角は刀を使うというか、難しさや自己鍛錬として面白く、尊敬する写真家たちが使う広角レンズの味が分かりはじめるのだ。表現の世界も広がった。

今では度を越して、超広角レンズが相棒になってしまったが…。

こいつは言うことを聞かない。構え方が悪いと垂直が狂い、歪む。被写体に突っ込んで行かなければならない。
いやというほどの視野があるため、一瞬にして多くを把握しなければならない。必要がないものまで入ったとしても、一枚の中のストーリーに使い切るほどのセンスがいる。

シャッターを切る者が成長することを前提としているのである。

女性に振り回されるような感じて、火傷をする…レンズなのである。いい男にならないと付き合ってあげない…と言われているような…。
気難しく、気分屋で、生真面目で、美しく、瞳のような深い闇を持つレンズの佇まいなのだが、実は懐が深く、艶っぽい光と色を持ち、無限の可能性がある…。

真剣にしつこく付き合う。すると、愛らしく可愛いレンズと気づく。心を開き手に馴染んでいく。
難しい世界、丁々発止、面白いのだ。

見るということは、己を見ること。何をしたいのか、何をメッセージとして訴えたいのか、今生きている証なのである。
と書きつつ、果たして我輩は成長しているのか…味わい深く熟成しているのか…。

今夜もワインが旨い。…朝だ。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月15日

メモカメラの昨年の整理

愛用の手帳がある。いや、何時も鞄に入っている愛用のメモカメラだ。

気ままに撮るので、すぐ分厚くなる。いや、データがパンパンになる。

不精な我輩、よなよな整理する羽目になった。下手糞など…ご批判を承知しながらアップする。

本当に恥ずかしながら…。

まぁ、足で歩き見ている、が、記憶にとどめたい…という写真の原点ではあるのだが…。

0_0203.jpg
Photo≫2011年2月3日「日の入り」

0_0411.jpg
Photo≫2011年4月11日「人気のない上田城の花見で一杯」

0_0430.jpg
Photo≫2011年4月30日「視点が違いすぎる…気になるカップル」

0_0503.jpg
Photo≫2011年5月3日「凛とした孤独の美しさ」

0_0515.jpg
Photo≫2011年5月15日「二人のスタート…幸あれ」

0_0517.jpg
Photo≫2011年5月17日「皐月の朧月夜」

0_0603.jpg
Photo≫2011年6月3日「森に迷い込んだ」

0_0618.jpg
Photo≫2011年6月18日「シルエット…夕立の恵み」

0_0801.jpg
Photo≫2011年8月1日「フェアレディの墓」

0_0814.jpg
Photo≫2011年8月14日「ど根性ネギ…停められん」

0_0922.jpg
Photo≫2011年9月22日「3分間の陰影」

0_0927.jpg
Photo≫2011年9月27日「大星という素敵な名がつく神社の祭り」

0_1010.jpg
Photo≫2011年10月10日「托鉢。松本城の入口」

0_1113.jpg
Photo≫2011年11月13日「冬眠の前の妖艶」

0_1114.jpg
Photo≫2011年11月14日「神社のディテール…男…」

0_1228.jpg
Photo≫2011年12月28日「地域と共に歩む…ここらっ、走れ」

こういうのを「書き散らすような」…、いや「撮り散らすような写真」という。失礼。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 06:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月12日

パイプのけむり

今朝、今シーズン一番の冷え込み。
明方の冷え込みがきつかったので”やはり”か…と。

昨夜、何時ものようにワインを開け、実家のマイバーで一人酒。が、いろいろ思い…考えながら呑んでいたら時間を忘れ”徹夜酒”。
昨日、呑み仲間2人がある種の”人生の岐路”を迎えたようだ。
呑み仲間といっても「ドンちゃん騒ぎ系」と「じっくり人生論系」がいるが、我輩は男女を問わず後者の仲間が多いのだ。

一人は義父の脳腫瘍の手術の立会いだったようで、なんというわけでもなく我輩の声を聞きたかったようで電話連絡してきた。
もう一人は、義父の事業を引き継ぐため信州に移住したが、路線があわず男の決別に至り、宮古島に移ると、わざわざ挨拶にやってきたのである。

グラスを傾けながらいろいろな話をした2人だ。
男とは…、女とは…、仕事とは…、趣味とは…、家族とは…、他人とは…。
ジェットコースターのような人生を歩んできた我輩の”自問自答”なのだが、不思議と呑み仲間たちはボトルを持ってやって来るのである。
我輩を出しに呑んだり、それぞれの人生を見直すのか分からない。が、日々の暮らし中では浅い思考が支配しやすいのだろうか、思考の反芻をすることによる精神安定の語らいなのであろう。

話が脱線してしまったが、こんな厳冬の日、二日酔いを治すには菅平に走りに行き、透明すぎる風景と光で体を洗うのがいい。

RIMG0586-1.jpg
Photo≫はっ…と車を止め、團伊玖磨のエッセイ集「パイプのけむり」を思い出しながらシャッターを切る。

菅平から須坂方面へ下り数キロの地点。11時頃、外気温は−6℃だ。

ところでここ十年、パイプ煙草と葉巻を楽しんでいる。
呑み仲間たちとの語らいのバーの席や、いいワインや洋酒を味わったりする際の相棒である。煙草の香りがより酒の味と話を美味くするのである。

パイプに興味を持ったのは子供の頃、パイプを嗜む伯父たちの存在、また母が愛読していた團伊玖磨のエッセイ集「パイプのけむり」を読んだからではないだろうか。
團伊玖磨の女性論に興味を持ち、子供ながら”女性とは罪作りな存在で永遠の謎”なんだな…と、こましゃくれたことを言っていたような気がする。

いやいや、だからこそ「愛する存在」なのだ。

何を暢気なことを書いているのか…。

さてさて、去年から「今シーズン一番の冷え込み」という言葉が気になっている。愛車がランドローバーになってから三回目の冬、バッテリーが弱いからだ。我輩の車のみの話なのだが。

今朝、エンジンをスタートさせようかと一回目のセルを回し…あれ…?二回目を回す…あら…?
パイプに火をつけ、ゆっくりとくゆらせ、落ち着いてから、愛情をこめてタイヤを蹴っ飛ばし、携帯電話で長年の付き合いの車屋へ連絡する。

RIMG0770.jpg
Photo≫レスキューに来てくれた長野日産のカーライフアドバイザーの綱島氏。綱島氏とは十年以上の付き合いだ。新年早々ご迷惑おかけした。

ディーゼルのグロープラグの交換など、電気系統を徹底的にチェックしなければならない。
本来、この時点で二日酔いが飛ぶのだが…。

まだ覚めず菅平へ上ったのであった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 14:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月08日

満つるのか…、はたして。

今夕、18時20分の真田大日向の山のアトリエの「月の出」である。

RIMG07611.jpg

なかなか「セクシー」。いいね。

月は「陰」。艶っぽい。下弦の月か、上弦の月か。

稜線の森が「邪魔」をしているのも、なお良い。

「妄想」の世界。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月04日

仕事始め いろいろな火入と初釜

大雪の中、真田の大日向にあるアトリエに上る。
三箇日も過ぎ仕事始めである。

この一年は仕事と作品作りを分け、書きたいもの、撮りたいもの、作りたいものなど、やりたいことをじっくりやっていこうという気構えだ。

また、計画したまま棚上げになっていた”アンティークギャラリー カフェ”を開店したい。
業界仲間からは既に”山の中のカフェ”と認識されているので、改まって開業するわけではないが…。
ちなみに完全予約制。
自慢の水で淹れた珈琲、紅茶、抹茶などと手づくりスイーツ(気まぐれの一品)の喫茶、こだわりのワインセラーからセレクトするワイン、季節の幸ふんだんのランチとディナー、パーティーなどを承る。宿泊も対応。

DSC_0075.jpg
Photo≫薪ストーブの初火入。

DSC_0069.jpg
Photo≫自慢の水で淹れる初釜珈琲。

DSC_0074.jpg
Photo≫惚れ込んでいる真空管アンプをメインとしたオーディオシステムの初火入。

RIMG0738.jpg
Photo≫今年一枚目のJazzは ROMANTIC RHAPSODY/Richie Beirach Trio

RIMG0746.jpg
Photo≫ゆったりとした時間を楽しんだ後は…地獄の雪掻きが待っている。

さて、この年はどのような一年となるのか。楽しみである。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月02日

謹賀新年

謹賀新年

訪問される方々(今ではそう多くないかもしれない…)へ。
「2012年壬辰の年、あけましておめでとうございます。新たな年が皆様にとって良い一年でありますように、合掌」。
可也、酔っ払っております。乱筆乱文お許しを。


RIMG0733-1.jpg
Photo≫初月の出。

さて、「既に死んでいるな安藤は…」とお思いの方々に、我輩の昨年からの日常、および精神的歩みについて、ご報告を(笑)。

全ての表現に関しパワーダウンしたのは、「東日本震災にノックアウト」されたというのが正直なところ。
「表現活動」のエネルギーは「作品を生み出す」という行為で、食べることも忘れ「恍惚」な瞬間もよくあり、「食欲」より「性欲」に近いと思っいてる。

ここ数年の人生の激変は、一昨年の春、父が亡くなったことであろう。
リーマンショックはショックではあったが、「表現活動」をしていれば「拾う神がいる」と信じ、それほど問題にはしなかった。
が、畳み込むような父の人生の終焉である。

家族代表身元引受人として父の癌発見から治療・手術・治る可能性・死の確実性・その医学的リスクと父の想定される苦悩・延命治療(馬鹿やろう。何が延命治療だ。医療技術の進化で人の死をあいまいにしやがって)の有無など、何故かサインと捺印(医療事故訴訟の予防線だろう)をし、アメリカにいる姉を説得、東京にいる兄に報告して、母には事実を分かりやすく翻訳し、ただ微笑んでいたのだ。
最後の病室で父と最後の言葉を交わし、葬儀の段取りから精算、その日から始まった母の介護まで。

感情を抑えながら、一気に全速力した後、我輩を支配したのは俗に言う「無気力」ではなく、「無意欲」だった。

昨年の仕事は、建築写真家、樵、ホームページ製作者、骨董屋、某振興組合事務局、家具屋カメラマン兼何でも屋などなど。
しかしながら親友の支えが、これほど身に沁みた年はなかった。友人達からの声援、協力、支援がなければ、今いたかどうかも分からない…のである。
心から感謝し、御礼を申し上げます。

ところで、昨年、実家に引っ越すことも想定し、真田の大日向のアトリエ内を整理しようと思い、一年に渡り、書籍・雑誌の嫁ぎ先を探していた。古物商ではあるが、古本屋へ只のように渡すのは、身銭を切って勉強した自身の身を削るようなものだからだ。
師走に入りその雑誌を処分しようと思っていたら面白い若者に会った。

ぱっと見、長身、スタイルは足が長く紳士服チラシにチョイ出しファッションモデルといっても遜色ない。
メガネを斜に掛けていても気にしない。自身が惚れきった車に乗っている。
何より、距離感が遠いような「眼差し」が良い。 

「私って変態なんです…」、おいおい”昔から変態と言われていた我輩はなんなんだ?”いろいろ聞けば、我輩の若い頃の悩みそのもの。

数時間話をして(真面目すぎてオッサンの話が面白くなかっただろうな…と反省する)我輩が確認できたことは…。
ネットは吐息や呟きでも即座に表現になる「自慰の世界」、署名記事や署名作品のメディアは紙にしたり、フィルムにしたり大変で面倒く、自慰をしたいと思っても「お前ら分からないの!ならこうするの…」などと、どんな言葉でも画像や音でも、もしかしたら伝わらないかもしれない…が「伝えるぞというシツコイ世界」なのだ…と。

以前から友達から言われていたが、今年からは「官能系作家」を肩書きに入れようか(笑)。崇高する団鬼六の世界、作家の端くれで行きたいのですが…。
無理か…。
あぁ「支離滅裂」。というか「尻メチャメチャ」。(可也前、友人にウケたネタで、もう少し下品だったようなきがする。苦笑い)。

さてさて、今年も修行の一年である。
これに懲りることがなければ、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記