2012年04月30日

林檎、桃、桜の花と山々

父の三回忌で、米国に渡って30年の姉と甥が帰国し、兄夫婦と甥と姪と共に帰郷。

住職を呼んでお経を…という法要でなく、父の好物の酒と線香をあげて、会食と思いで話しに花を咲かせる。

翌日、兄一家が泊まっている東御市の「大田区休養村とうぶ」に赴き、その周辺で花見とキャッチボールなどに興じる。

その道すがらの写真スケッチである。

DSC_0160.JPG
Photo≫東御市で見つけた花満開の林檎畑。林檎の花の香りは高貴な甘さだ。

DSC_0155.JPG
Photo≫何故か林檎畑に桃の木。桃の木も満開。こちらの香りは実に甘い。

DSC_0158.JPG
Photo≫林檎の木。満開の迫力。

DSC_0166.JPG
Photo≫桃と林檎の花の競演。

DSC_0169.JPG
Photo≫こちらの木はつぼみが…。

DSC_0172.JPG
Photo≫果樹園は一面のお花畑と化している。

DSC_0100.JPG
Photo≫振り向くと北アルプス。

DSC_0095.JPG
Photo≫こちらは蓼科(右のピーク)と八ヶ岳(稜線左の山塊)。

DSC_0117.JPG
Photo≫小一時間後、真上には内暈。「お日様に暈がかかった、雨が降るよ」と言われる太陽の周りを取り囲む輪。

DSC_0108.JPG
Photo≫青空の表情。

DSC_0079.JPG
Photo≫真田町内の峠(標高700m)の桜並木。ついに満開。

DSC_0072.JPG
Photo≫アトリエのある真田町大日向地区の入口(標高850m地点)の一本桜が開花。

ゴールデンウイークの前半が終わる。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月29日

朝日に身を引き締める愛猫のスガ君

上田の実家に母と住む愛猫のスガ君、久々の登場。

初夏のような一日で暑くなりそうな朝日に身を引き締めている。

528636_231308563637153_100002740344854_320144_1154364825_n.jpg
Photo≫居間の一番快適で眺めのいいこの出窓は彼の特等席。

信州上田はこの季節、朝晩の寒暖差が凄い。
朝の最低気温は7℃だ。最高気温は26〜28℃になるだろうからその差20℃はある。

ちなみに今日は戦国武将・真田家の武者行列、徳川軍vs真田軍の合戦劇をメインイベントとした「信州上田真田まつり」。
ここ数年、アニメとゲームが火をつけた戦国武将ブーム。コスプレ好きな若者でまつりが盛上る。

歴史が詳しい方々が見ると"へっ!"と思われる設定や光景が多々あるが、そこはアニメやゲームを見ていると思って"微笑んで流して"もらえば…と思う。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月25日

今日の信州「花三昧と残雪」

ここ数日、あるレストランの竣工写真撮影とデータ、アルバム制作をしていた。

納品のため上田市から真田町のアトリエ、菅平高原、長野市の保科経由、長野市若里のゼネコンへ。その道すがらの風景だ。

aaDSC_01.JPG
Photo≫上田市の大星神社の東を流れる小金沢の桜並木。標高480m地点。am9:00

aaDSC_02.JPG
Photo≫真田町大日向のアトリエがある谷。落葉松の芽吹き。標高900m。am9:30

aaDSC_03.JPG
Photo≫菅平高原、大松山ゲレンデの残雪。標高1200m。am10:30

aaDSC_04.JPG
Photo≫菅平高原、西菅平地区から望む雪の裏浅間(裏から見た浅間山)。標高1250m。am11:00

aaDSC_05.JPG
Photo≫残雪。菅平高原から長野市へ下りる峠で。標高1050m。am11:20

aaDSC_06.JPG
Photo≫長野市保科地区、山寺と桜。標高540m。am11:30

aaDSC_07.jpg
Photo≫長野市保科地区の水神の桜。標高530m。am11:35

aaDSC_08.JPG
Photo≫何故か「椿と桜」の競演。標高520m。am11:40

aaDSC_09.JPG
Photo≫長野市大豆島地区、千曲川架線道路の土手。「菜の花と桜」の競演。標高390m。pm12:10

aaDSC_10.JPG
Photo≫長野市大豆島地区、千曲川河川敷で。菜の花と稜線は菅平高原。pm12:05

aaDSC_11.JPG
Photo≫千曲川河川敷の「菜の花畑」。pm12:12

今年の信州の花の季節は可也期待できるようで、ゴールデンウイークが楽しみだ。ちなみに写真に収めた花以外に今日見かけたもの花はスイセン、ユキヤナギ、フクジュソウ、タンポポ、モモ、アンズ、オオイヌノフグリ、ウメ、コブシなど。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月20日

信州上田の桜満開

今週に入り信州上田も暖かくなり、16日月曜日に開花、二日ほど前から桜が満開になっている。

上田城跡公園で行われている「信州上田城千本さくら祭り」にも可也の人出のようだ。
関係者たちはホッと胸を撫で下ろしているだろう。が、祭りは6日からスタートし今週末まで。ようやく桜を満喫できる…と思えば、あと三日しかない…という今年の状況である。

apriDSC_0121.jpg
Photo≫上田市緑ヶ丘にある実家の前の桜。

ニュースでは千曲市で杏が、飯山市では菜の花が満開とのこと。
梅もコブシも満開である。
あと一週間もすれば林檎の花が美しく咲くだろう。

ちなみに真田町のアトリエは相変わらずで、これから二週間ほどの時間を要して花の季節を迎える。

昨日、長野市から須坂市、菅平高原を経由しアトリエに帰ったが、菅平から我がアトリエのある大日向の山陰には、まだまだ残雪があった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月12日

信濃路の花の季節が始まる

ようやく信州上田に春到来か。暖かくなりつつある。

先週の6日から「信州上田城千本さくら祭り」が始まっているが、いまだ桜の開花宣言は無し。
市内は「梅」しか楽しめないのである。
今週末が有力というが、他の自治体が桜祭りを延期していることを考えると、少々、トホホの話ではある。
観光をリーディング産業に!というには何とも心許ない。

先程、上田市中央市街地の標高400m地点、標高900mにある我がアトリエ、標高1400mの菅平高原の落葉松と白樺の森と、上田市内を中心部から群馬県方面へ北上、標高差500m毎の春の表情を見てきた。


JR長野新幹線上田駅から北へ2.8km 標高400m地点の梅。
aprDSC_0078.JPG
Photo≫梅の満開は四週間ほど遅いか…。


梅を撮影した所から国道144号を真田町菅平方面へ北上し約12km地点のアトリエ。
aprDSC_0107.JPG
Photo≫標高900mのアトリエの庭にようやく蕗の薹。

aprDSC_0109.JPG
Photo≫こちらはオオイヌノフグリ。蕗もオオイヌノフグリも例年と比べると一月ほど遅い。


国道144号をさらに菅平方面へ北上しアトリエから約12km地点、標高1400mの落葉松と白樺の自然林へと向かう。
aprDSC_0030.jpg
Photo≫落葉松と白樺の自然林への道中、残雪が…?いや積雪だ。

aprDSC_0089.JPG
Photo≫一面の雪。が、今日の温かさで雪解けが進んでいるはずである。

今年はどうやら「梅」と「桜」の競演となるのではないか。
今後、爆弾低気圧が通過し冬型の気圧配置があれば「菜の花」、「林檎」、「杏」などの花も加わる「花の饗宴」となるかもしれない。

信州は南北に長く標高差も大きい。また豊かな自然環境で花の種類も多く、花を愛でようと探せば長期間楽しむことができる。

信濃路の花の季節が始まった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記