2008年02月24日

昨日の昼からの暴風雪がようやく収束し、雪の中から愛車を発掘する

DSC65_0003.jpg
Photo≫アトリエ廊下サッシからの庭風景が度々“ホワイトアウト”

DSC65_0004.jpg
Photo≫ホワイトアウトが治まっても物凄い地吹雪

昨日の午前中までは春のような日和だったが、昼頃から南風が強くなったと思えば、にわかに雪雲が厚く垂れ込み、一気に大粒の上雪が降り始めた。夜間には北風の季節風となり雪が物凄くなって、強風で古民家がギーギーと鳴き始めた。
今回もドンピシャの天気予報だ。というより、この気圧配置で、低気圧が三陸沖で急激に発達するパターンというのは今シーズンの特徴。外し様がない。

そして、今朝となる。
この山村に移住して以来、アトリエ廊下サッシからの庭風景が度々“ホワイトアウト”するのは初めてだ。
サッシの周りも凍り始め開閉しにくい。それよりも、強風で雪が叩きつけられるため、サッシの外の下部が雪に埋まり、開けた瞬間、綺麗な左官仕事で出来上がった“雪の壁”が出現。しかし、強い風のため、あっという間に室内に雪崩れ込んでくるのである。

雪が小康状態になったのは13時頃で、隣組の雪掻きに参加。水分の多い重たい雪で、すぐ汗が吹き出るほどの一仕事となる。強風も途切れがちとなったが“地吹雪”は度々。
16時頃、ようやく雪の中から愛車サファリを発掘するチャンスが到来した。

DSC65_0006.jpg
Photo≫愛車サファリが雪に埋もれホワイトアウト直前

右に見えるビニールハウスは道を挟んだ隣人のもの。よく見ると雪が雪崩を打って、愛車の右半身を埋めている。

発掘に小1時間は掛かるだろう。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
この記事へのコメント
24日の菅平もひどかったです。
7時半頃の上りは吹き溜まりで、ほとんど1斜線で、前を走る県外ナンバーの車は、中央の斜線を走行・・・・

除雪が全然間に合わない状態でした。

会社の敷地内も、所長が朝から除雪しても、またすぐ積もってしまい、やってもやってもまた積もるという状態で、ここ最近では珍しいくらいの大雪でした。

Posted by よたまえ at 2008年02月25日 00:44
いまだ雪が降っていますね。
ということは、菅平は我が集落の数倍の大雪でしょう。
こういう日は「除雪」で仕事になりません。

春は何時やってくるのでしょうか?
Posted by 州庵 at 2008年02月25日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11382999

この記事へのトラックバック