2008年02月26日

やはり厳冬。2月の平均気温が平年を下回った

DSC_330044.jpg
Photo≫晴天なのに物凄い地吹雪で、シラカバの樹氷が目の前で成長していく

ここ数年、暖冬に慣れていたせいか、この冬の雪も寒さも大したことがないだろうと構えていた。
しかし、今シーズンの冬は暖冬から始まり、寒さがS字カーブを描いたようで、年開けとともに2月の厳冬がやってきたのである。

今朝の信濃毎日新聞の地域面に「軽井沢やっぱり寒い。2月の平均平年下回る」という見出しで、「二月の平均気温(24日現在)が氷点下4.8℃と平年を1.4℃下回り、暖冬傾向だった年末年始から一転、冷え込みが戻っている」と、そして「最低気温が氷点下10℃以下の日も、昨年の2月は2日だったが、今月は既に12日。降雪量も平年より多い」とあった。

このアトリエがある上田市真田町の大日向という集落は菅平の入口にあり、南北のV字谷で北に菅平高原を頂、標高900m。天候は長野県北部地方に類する(地方気象台のエリア区分では長野県中部となる)が、国内有数の寒さを記録する菅平の気温に3℃ほどプラスする寒さだ。菅平が氷点下15℃であれば、この集落は氷点下12℃という具合。

DSC_330040.jpg
Photo≫厳冬の菅平牧場、標高1600m付近。凛とした青空が美しい

まぁ軽井沢が平年を下回ったというから、地球温暖化と呼ばれる中で、信州の中部から北部は「厳冬」を迎えたというわけだ。

数日前の「トイレ凍った事件」も、一昨日の「大雪」も合点がいく。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11480922

この記事へのトラックバック