2008年03月13日

一気に「春」と「円高」のスイッチが入る

DSC12_0006.jpg
Photo≫数日前、アトリエの庭に春の使者「福寿草」が咲いた

信州上田真田町の大日向という山の集落に暮らして、早や十年少し。いろいろと素敵な「春の足音」を楽しむ暮らしだったが、こうも一気に「春」がやってくるとは…。
驚きの一言。

先日のたまたま日記「やはり厳冬。2月の平均気温が平年を下回った」で、"今シーズンの冬は暖冬から始まり、寒さがS字カーブを描いたようで、年開けとともに2月の厳冬がやってきた"と指摘したが、これでは"S字カーブ"というより"L字クランク"である。

本当に「一気に『春』のスイッチが入る」状態。ここ数日、最高気温15℃で4月の暖かさ。
体がついていかず、少々、風邪気味の状態。

DSC12_0010.jpg
Photo≫真田郵便局からの夕日。春霞と黄砂の影響か…まるで月のようだ

ちなみに、桜の開花予報が修正された。例年より一週間ほど遅れるという予報から、2日ほど例年より早い―と。
スイッチのON―OFFのような季節の移ろいでは、天気予報士も大変な仕事だなぁ〜と同情する。地球温暖化の影響による「異常気象」というより、「博打的気象」と呼びたくなる急激な季節の移ろいなのだ。

そうそう、話しは飛ぶが12年半ぶりに1ドルが100円を切るという円高ドル安。原油高、株安と共にトリプルショックの様相。こちらも一気にスイッチが入った。
ワインを個人輸入している我輩には嬉しい話なのだが…。

噂されている「日本経済の3月危機」。不気味な状況となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12373720

この記事へのトラックバック