2007年02月10日

おいおい何時まで上田市は"クリスマス・イルミネーション"なの?

DSC_0064.jpg
Photo≫街灯にぶら下がりながら燈る季節はずれの"クリスマス・イルミネーション"

昼からあるWebに使う動画撮影の仕事で上田市内に下りる。
一通り終了し、撮影素材をプレビューし頭の中で整理、コンセプトに沿った編集をイメージ。
コーヒータイムで一服するかと…商店街活性化の顧問としてお手伝いする松尾町商店街へ向かう。

と言いながらも、16日に開かれる「真田坂Webの専門部会」(たまたま日記1月10日参照)の問題点の取材、幻灯舎3周年イベント"商店街オープン・エア・シネマ"企画の進捗状況、JT上田工場跡地開発反対派の署名活動の動向なども気になり、理事二人と懇談のようなミーティングとなった。

真田坂Webと商店街オープン・エア・シネマは、想定済みの問題を乗り越えるよう、実現に向け調整が進んでいるようだ。
一方、JT上田工場跡地開発反対派の署名活動は、話を聞く限り"八方塞"の状況のようで、市長リコールの目標も描けず、マスコミを巻き込んだ"商店街崩壊に市民よ目覚めよキャンペーン"作戦に切り替えている…と、想像できる情報が多い。

アトリエへ戻ろうと幻灯舎を一歩でて夕暮れの空を見上げ、暖かいなぁ…と、視界の中にキラキラと輝くイルミネーション。

おいおい。

何時までクリスマスなの?センス以前の問題ではないかい?

ふと、JT上田工場跡地開発反対派の署名活動が"八方塞"なのが頭に浮かぶ。
反対表明は、少なくとも1年前であって、機を逸している…と。

そう、無投票となってしまった新生上田市の市長選だったのだ。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
クリスマスイルミネーション・・1年中では・・・・・・・

どうせなら、駅前の水車に猿飛佐助を張り付けて回すとか、商店街に真田十勇士を潜ませる(ビルの壁、影など)の方が面白いと思うのですが・・
人が集まる様に、大胆にやってもらいたいと願います・・・・

ところで、植えるだけの花つくり事業を廃止して、その予算で、桜の苗木を地域に集中、若しくは、ゲリラ的に毎年植えて、50年後、100年後には日本一の桜の里に出来たら・・・・と考えるのは、おいらでけでしょうかね〜



Posted by 桜の里日本一を企む者 at 2007年02月13日 00:44
いらっしゃい。

上田市が"真田"で町興しするなら
やはり真田の住民の発想がいいですなぁ。
なかなかのセンスですよ。
ご提言の通り、街づくりは50年後、100年後というスパンが大切ですね。
Posted by 州庵 at 2007年02月13日 08:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3323947

この記事へのトラックバック