2010年07月15日

凌霄花(ノウゼンカズラ)を愛でる子猫の"スガ君"

上田の実家にある凌霄花(ノウゼンカズラ)が満開となった。
リビングルームの出窓から見える、蔓を伸ばして咲き乱れている姿は、何処と無くエキゾチックだ。

RIMG0290.jpg
Photo≫亡き父が新築祝いで頂いた凌霄花は、この季節、21年間、我が家族と歩行者を楽しませている

その出窓は、先日(7月4日)に登場した子猫の"スガ君"のお気に入りの場所で、寝床に次ぐ「別荘」とご紹介したと思う。

"スガ君"の午前中の生活パターンは、早朝目覚め、ご飯を食べ、用をたし、一頻り遊んで走り回った後、ここの場所でひと寝入りする。
子猫が遊ぶのを見るのは実に面白いのだが、我輩が新聞を読む時、違う頁から潜り込んで、穴を開けて顔を出したり、紙面に乗って破いたり…するのには、引きつりながらの笑顔になる。

RIMG0302.jpg
Photo≫リビングルームからの凌霄花ビューポイントで、ダイナミックなあくびを放つ"スガ君"

出窓の別荘でひと寝入りする前、外を眺め溜息をつき、あくび連発。その様子を見ると、明らかに凌霄花(ノウゼンカズラ)を愛でているのである。

RIMG0285.jpg
Photo≫ノウゼンカズラ(凌霄花、Campsis grandiflora)はノウゼンカズラ科の蔓性木本。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、庭などでよく栽培される。中国原産

RIMG0314.jpg
Photo≫寝るはずなのに顔を洗い出した。これから雨が降るのか?それとも…

RIMG0284.jpg
Photo≫やはり眠そうである。前に飛び出した左前足の力の抜け方は睡魔にやられている証拠だ

さて、子猫の"スガ君"。我が実家に来たときは体重1kg、寝る子は育つ…というが、日々成長し体重は300g増。体長も1.3倍となり、やんちゃ盛りである。

本気で遊んでやると血を見る事態に。必需品のひとつに"絆創膏"が加わった。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】



posted by 州庵 at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の話し
この記事へのコメント
スガ君、大変な美猫ですね。
1つ1つのポーズがかわいい。
頑張って遊ばれてください。
Posted by 猫庵 at 2010年07月15日 16:03
いらっしゃい。
確かにハンサムの部類に入り、美猫なのでしょう。甘えん坊ながら、やんちゃ盛りの時期に入ったようで実に表情豊か。

企んでいたり、つまらなかったり、すねていたり、不満があったり、逆切れもあって、かなり主張しています。
躾も大変ですが、面白いですよ。
Posted by 州庵 at 2010年07月16日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39645459

この記事へのトラックバック