2007年07月05日

事実上の解党状態、新党日本。田中康夫氏はどうするのか?

DSC_9801.jpg
Photo≫タイトルとは関係ないが、信州上田の松尾町商店街で見つけた「ただのハンガー」 

国会が閉会し参議院選に突入した今日、15時に面白いニュース速報が…。

たまたま日記/4月30日に書いたが、松本歯科大で見かけた田中康夫氏。彼が党首の新党日本が、事実上の解党状態に陥ったとのこと。
地元民放、通信社、新聞社など様々なメディアをチェックすると、どうやら「党の私物化」らしい。
さて、最近の報道にあった"仲良しジャーナリストの有田芳生氏とともに田中氏が参院選に立候補"は、どのようなカタチの出馬となるのか?若しくは"断念"となるのだろうか?

以前、我がホームページの安藤州平Webアトリエ「小言甘辛放談」で、長野県政ウオッチを書いていたが、指摘したとおり田中氏はアマチュアリズム独特の自己中で、郵政解散のドサクサに政党という名のサークルを作った。が、案の定、自らの玩具であったようだ。「党の私物化」ではなく、田中氏を担いだ国会議員たちの浅墓さを象徴するニュースというべきか…。
ホリエモンを担いだ自民党を思い出す。

たぶん、いや、本当かもしれないが、この国は、アマチュアリズムに蝕まれつつある…と感じる。

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4604144

この記事へのトラックバック

有田さんの事務所で、ビッグニュースにビックリ
Excerpt: 昨日はジャーナリスト・有田芳生さんの事務所に居たのですが、スタッフのSさんの「新党日本が解党」の言葉に耳を疑いました。 と言うより、最初は何のことかも理解できなかったと思います。あまりに想定外の話で..
Weblog: psw_yokohamaの第2ブログ
Tracked: 2007-07-06 21:00