2007年09月08日

台風一過。我が集落周辺の台風9号による傷跡

DSC_3032.jpg
Photo≫台風一過。アトリエ執務室北縁側から菅平方面の青空

長野県東部を暴風圏が通過した台風9号は、東北、北海道を縦断し、今、温帯低気圧になったらしい。

台風の暴風雨が一段落したのは7日の朝。
我が集落を貫く神川は未明に危険水位に近づいていたようだが、昼前にはご覧の通り。

DSC_3023.jpg
Photo≫橋脚の濡れ痕と、両岸のなぎ倒された草を見ると、かなりのレベルまで増水したのが分かる。7日10時頃

DSC_3029.jpg
Photo≫川と化した我がアトリエ前の道路。林道と道の舗装化などが山の保水力を奪っていると指摘されて久しい。7日10時頃

報道によると県内では死者1名、負傷者1名を出し、小諸市、佐久市、軽井沢町、御代田町を中心に家屋損壊、床上・床下浸水、停電や断水が起きた。一部地域では今だ停電と断水が復旧していない。
また、県農政部が7日にまとめた農作物被害状況によると、収穫時期を目前にした果実の落下、畑の冠水など、佐久地方を中心とした東北信と上下伊那地方の15市町村で、計2億1900万円の被害が発生したと発表。  

我がアトリエのある信州上田真田町の大日向周辺の状況は以下の通りだ。
集落の自治を一緒に行っている北隣の渋沢で、5日午後10時15分頃、県道菅平高原線の道路脇の斜面が崩落、近くの別荘地や温泉に向かう道が不通になった。
先程、現場を取材してきた。

DSC_3036.jpg
Photo≫国道144号線の信号・菅平口から群馬県境となる鳥居峠へ上り、渋沢という集落から県道菅平高原線を四阿高原ホテル方面への入口。通行止めの規制。以下3点の写真は8日12時頃撮影

DSC_3044.jpg
Photo≫県道菅平高原線の渋沢入口から滝ノ入り沢の橋を渡って100mほど先の現場。徒歩で到着。路肩1mが下方へ100mほど崩落か…、電信柱も倒れ40軒ほど停電した

DSC_3040.jpg
Photo≫谷側の道路側面が約12mに渡って基礎コンクリートごと谷へ崩落している

ところで、四阿高原ホテルは山屋さんやバードウオッチャーの方々に人気の宿で、我輩もここの露天風呂のファンである。
通行止めの規制を回避してホテルへ向うには、菅平口の信号を菅平方面へと上がり、菅平ダムを越えて十の原別荘地から県道菅平高原線に入ればよい。

ちなみに今回の台風による長野県内の道路通行規制の詳細情報は台風9号の影響による県管理国道・県道の規制状況を見ていただきたい。

さて、昨夜、新たな台風の10号が発生したようだ。この台風は日本列島まで来ないと予想されている。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 16:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 異常気象
この記事へのコメント
半日村通信社の生々しい特派員報告、迫力ありますね。台風の季節、どうぞくれぐれもお気をつけて。
Posted by 珠美 at 2007年09月08日 22:38
最近は「台風の季節」が長いですね。
今年は久々に秋雨前線がクッキリと出現してきました。このまま秋に突入か…と思えば、沖縄付近に台風のタマゴがあります。前線が列島縦断型台風のバージンロードと化すかも。
さて、今後も真田町北部から群馬県境の鳥居峠までの災害情報を、いち早く半日村通信社はお伝えいたします。
Posted by 州庵 at 2007年09月11日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5364021

この記事へのトラックバック