2007年09月14日

上出来のメルロー。知人の葡萄畑を訪ねる

DSC_5006.jpg
Photo≫マンズワインの契約農場として上質な葡萄を栽培している知人の峯村英夫氏

今日は以前から楽しみにしていた出荷間際の知人のメルロー畑を訪ねる日。
場所は上田市街地から千曲川を渡り、塩田平の東となる富士山。

が、我がアトリエがある真田町の大日向は朝まで大雨。しかしながら8時過ぎにパッと上がり、濃霧が一面を覆い始めたと思うと、蒸し暑さを感じる空気になった。
どうやら晴天になりそうだ。
見にいけるぞ…と、ホッとしながら、見学のお礼に塩尻市の知人から頂いた「城戸ワインのメルロー」を愛車に積み、上田盆地を北から南に30qほど縦断し、峯村氏の御宅へ向う。

上田盆地は雨の少ない地域で、塩田平には溜池が多く点在している。日照時間も長く、醸造用葡萄にとってまさに栽培好適地と言える。
峯村氏は葡萄栽培のベテランで、ワイン用としては当初、善光寺葡萄を栽培していた。今日の栽培方法に変え、高品質なメルローを生産し始めたのは1989年(平成元年)のこと。

DSC_5003.jpg
Photo≫畑で今年の出来はと聞くと、台風9号の影響も無く順調に育ち、糖度も順調。ここ数日の暑さで酸味が立っていないが、涼しくなれば収穫し出荷できる…とのこと

ついつい気になって数粒、口にしてみたが、樹齢20年となるメルローは、メルロー独特のやわらかい香りと爽やかな風味で、糖度は十分だ。酸味もこれからという感じだが実に旨い。今年のワインが楽しみだ。

峯村氏の畑で栽培されたメルローは、マンズワイン(オンラインショップ)から「上田の葡萄 メルロー」として販売され、栽培農家として奥様の名前がラベルに紹介されている。

ここ数年、このワインがセラーの一角を占め、定番で呑んでいる。上品で滑らかな仕上がり、素晴らしくバランスが良いメルローなのだ。銘醸地は信州の小諸。鮮やかな濃い色と、きれいな果実香、豊かできめ細やかなタンニンを持つ魅力的な赤ワインで、リーズナブルと来る。

お勧めの一本。機会があれば是非、呑んでいただきたい。

畑見学の後、峯村氏御宅で、奥様の創意溢れる料理とワインを頂き、ワイン談義となる。城戸ワインのメルローとの呑み比べもし、面白く充実した時間となったのは言うまでも無い。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5440706

この記事へのトラックバック