2012年04月30日

林檎、桃、桜の花と山々

父の三回忌で、米国に渡って30年の姉と甥が帰国し、兄夫婦と甥と姪と共に帰郷。

住職を呼んでお経を…という法要でなく、父の好物の酒と線香をあげて、会食と思いで話しに花を咲かせる。

翌日、兄一家が泊まっている東御市の「大田区休養村とうぶ」に赴き、その周辺で花見とキャッチボールなどに興じる。

その道すがらの写真スケッチである。

DSC_0160.JPG
Photo≫東御市で見つけた花満開の林檎畑。林檎の花の香りは高貴な甘さだ。

DSC_0155.JPG
Photo≫何故か林檎畑に桃の木。桃の木も満開。こちらの香りは実に甘い。

DSC_0158.JPG
Photo≫林檎の木。満開の迫力。

DSC_0166.JPG
Photo≫桃と林檎の花の競演。

DSC_0169.JPG
Photo≫こちらの木はつぼみが…。

DSC_0172.JPG
Photo≫果樹園は一面のお花畑と化している。

DSC_0100.JPG
Photo≫振り向くと北アルプス。

DSC_0095.JPG
Photo≫こちらは蓼科(右のピーク)と八ヶ岳(稜線左の山塊)。

DSC_0117.JPG
Photo≫小一時間後、真上には内暈。「お日様に暈がかかった、雨が降るよ」と言われる太陽の周りを取り囲む輪。

DSC_0108.JPG
Photo≫青空の表情。

DSC_0079.JPG
Photo≫真田町内の峠(標高700m)の桜並木。ついに満開。

DSC_0072.JPG
Photo≫アトリエのある真田町大日向地区の入口(標高850m地点)の一本桜が開花。

ゴールデンウイークの前半が終わる。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55593455

この記事へのトラックバック