2007年11月14日

日置電機・HIOKI公開講座「赤池学氏/昆虫力"自然に学ぶものづくり"」へ

DSC_0126.jpg
Photo≫HIOKI公開講座の赤池学氏。演題は「昆虫力"自然に学ぶものづくり"」

先月の末、地元ローカル紙に面白い公開講座の告知があった。

電器計測機器メーカー大手の日置電機株式会社・HIOKIの公開講座である。ホームページを覗くと、この講座は日置が社員教育の一環で社外より講師を招いて続けているもので、今回は公開講座となったらしい。

講師はユニバーサルデザイン総合研究所所長の赤池学氏だ。

早速、申し込みをして、地元ローカル紙を取っていない父に連絡、友人たちを誘って行ってきた。

氏の著書は殆ど読んでいる。

実は、父の研究室の最後のお弟子さんで、10年ほど前からその名と興味深い科学技術ジャーナリストとしての活動、各方面での活躍の話を聞いていたのだ。
退官後の父は『大ゼミ』と称する全てのお弟子さんを集めたゼミナールを続けており、その大ゼミに聴講生として参加して、お会いしたかったのだが、何時か何時かと思いながら行けず仕舞い。

昆虫の生態や発生過程に見られる体が持つ様々な機能を、昆虫資源・バイオマテリアルとして、農業や環境、素材産業、また医療や健康福祉産業などに展開するという生物機能性の利活用技術の話を、氏が関わったプロジェクトを元に、面白く分かりやすい話で、あっという間の90分だった。

科学・技術が新しい次元へと転換していく「今」を垣間見た思いだ。

ところで上田市は、その昔、一時ではあるが、養蚕で世界を動かし栄えた地方都市だ。この街の産業の未来を示唆出来るのは赤池氏しかいないのではないか。
出来ればであるが、「日置電機さん、赤池氏の講演をシリーズ化して続けていただければ…」と思うのは私だけではないだろう。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6754665

この記事へのトラックバック