2007年11月19日

初雪の翌朝。積雪3pで路面凍結

DSC_00191.jpg
Photo≫我がアトリエ直近の神川を渡る丸山橋。8時10分頃。積雪3pで、路面凍結の状態

朝、何時もより冷え込んだ空気に包まれていると感じつつ目覚める。
ファンヒーターをONにしてコーヒーを淹れる。
アツアツの一杯をフーフーと飲みながら、胃の腑に落ちていくコーヒーの熱さとカフェインで頭の目覚めを待ち、縁側のカーテンを開けると一面真っ白。

薪ストーブを焚き、部屋がゆっくりと暖まるのを実感しながら冬景色になった庭を眺める。

昨日の15時から降り出した雪は、勢いを増すことも無く一晩中舞っていたようだ。
現在、氷点下1℃で積雪3cm程度。庭と道路は凍結状態だ。

ところで寒冷地で住む知恵に、屋内から外気温を確認できるよう、屋内から見える場所に大形の温度計を設置するというものがある。屋内外の温度差を常に把握することは、何かと安全につながるのである。

さて、月曜は一般ゴミ出しの日。
朝の某公共放送の連ドラが始まる時間までにゴミを出してこなければ…。
高校の頃から落語好きの我輩。このドラマは毎日の楽しみだ。

今年初の我が集落の雪景色を撮るためカメラを持ってゴミ出しに行く。
シャッターを切りながら雲行きを見る限り、今日一日、雪模様のようである。

安藤州平Webアトリエ




【薪ストーブ他/ニッチ・リッチ・キャッチ】
この記事へのコメント
まあ、冷え冷えの朝早くから活動的だこと・・・
と思ったら、なるほど、ゴミ出しの時間制限があったのですね。ハハハ
ところで、今の朝ドラいいですね。あちこち落語好きにはニヤリとさせられる小細工が施してあってたまりません。四草が勤めていた中華料理店の名前が「延陽伯」だったのがグ〜でした。
Posted by 猫庵 at 2007年11月19日 12:42
そうなんですよ。
月曜と木曜は8時30分まで一般ゴミを出さなければ…(笑)。
ところで「延陽伯」のチェック、気がつきましたか?素晴らしい!拍手!拍手!
延陽伯は、やっぱり、枝雀ですかね。
松尾貴史が演ずる散髪屋「磯七」も、「釜猫」から。
しかしながら落語の話しは、
猫庵さんにはかないません。
Posted by 州庵 at 2007年11月19日 13:18
そちらも雪で大変ですね。
お伺いするときには、溶けていればいいのですが。
24日に例のものを手に入れて、参上します。
よろしく。
Posted by 和 at 2007年11月22日 17:25
ロ〜イズ、ロイズ、ロ・イ・ズ〜
Posted by みけねこ at 2007年11月22日 20:23
和君、いらっしゃい。
白くなっただけのような積雪ですな。が、寒い。
一気に1月中旬という感じだね。
明日、楽しみにしております。

みけねこさん、まいど。
ハハハ。歌わないように!(笑)
和君の登場に…反応するのは良いけど、他に何か書けないのかねぇ。
食べ物の恨みは怖い(笑)
Posted by 州庵 at 2007年11月23日 07:46
クンクン、匂うな。
ビターもいいが、シャンパンも捨てがたい。
Posted by 野良猫 at 2007年11月23日 09:28
2時ぐらいには行けそうです。

皆さんの期待を背負っているようで、緊張しますね(笑)

ジャガポックルも手にはいるといいのですが
Posted by 和 at 2007年11月23日 09:36
先ごろわが町唯一の百貨店で大北海道展がございましてね、初日の開店30分後に会場へ到着いたしましたの。
ところが早くもジャガポックルは売り切れて、その旨を知らせるおことわりがピラリ(早すぎですわ!)
その折「クレイル」という会社のカマンベールチーズが開高健のお墨付きと大書されていたので購入いたしました。
開高さん絶賛のお手紙(昭和54年)を栞に印刷してあるチーズをありがたくいただきましたが、わらわの口には???おフランスの同価格帯のカマンベールと比べても、大いに???。泉下で開高さん、いかが思し召すらん。
同行した自称グルメ猫さんが「北海道のシシャモは超絶品〜」の太鼓判に10匹千数百円のシシャモも購入いたしましたが、スーパーの10匹198円ノルウェー産シシャモとの違いわからず。
3連発の不発でフテ寝。
Posted by ペルシャ猫 at 2007年11月24日 13:49
ペルシャ猫様
道産品との相性が今ひとつのようですね。
ロイズでどうか心を癒やしてください。
 私の味覚では、鵡川のシシャモはもちろん、釧路のシシャモも他のシシャモとは明らかに違うように感じますた。大きさも違ったような気が・・
クレイルのカマンベールチーズは、残念ながら存じ上げません。

 ジャガポックルは今日も空振りでした。
Posted by 和 at 2007年11月26日 17:16
ロイズ和 様
貴重なお品、ありがとうございました。
安藤様より「生チョコ3種の中でどれがよいか」と選択を迫られ、迷わず「山崎」と力強く答えましたら、とてもイヤそ〜〜な顔をされました。
(多分、安藤様も山崎に一番心ひかれていたのでしょう)しかし、ここは遠慮などしている場合ではありません。めったに手に入らぬ貴重品。
かまわず山崎をくわえて帰り、
ただ今一口いただきました。
まあ、なんと薫り高く高貴にして奥深い味わい。余韻の美しいこと。
ホッホ〜〜〜うれしさのあまり
高笑いが止まりません。
ビバ・北海道!!!
またのご帰省お待ち申し上げております。
(次回は御礼に我が町のおすすめをご用意いたします)
Posted by ペルシャ猫 at 2007年11月26日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6932879

この記事へのトラックバック