2006年05月20日

「JT上田工場跡地の利活用に関する市民広聴会」に出席

DSC_1754.jpg
Photo≫上田工場跡地の利活用に関する市民広聴会

昨夜、上田市民会館で行われた「上田工場跡地の利活用に関する市民広聴会」に参加してきた。2回目の公聴会は今日の午後2時からだった。

参加した感想は、おいおいおい…いや〜なんともはや。絶句の一歩手前であった。

なぜなら、コンサル経験をもとに解説すると…
市とJTは阿吽の息。進んでいるプランを伏せて、2月下旬に市長へプレゼンしプレス発表した資料を配り、文字通りの「ガス抜き公聴会」を演出、主導して成功という感じだ。

実はプロジェクトは、数年前から既に進んでいる。
上田市は3年前、JT側からの「全面売却するが買い上げはどうか?」に対し、市庁内検討組織が「購入せず」という答えを出し、議会の承認を得てJT側に、その答えを回答している。この時点で、JT側は不動産ファンドと部分売却で方針を決定。その後、市と調整しながらプランを進めているのである。真田坂第7号でお知らせしたとおりなのだ。真田坂バックナンバー

そして市側は「許認可権はあるが、JTという民間の開発なので、内容はJTが考えること。市が計画を担当するのは、JTが計画した公共公益ゾーンのみとする」と逃げ、JT側は「意見や質問は様々あると思うので、窓口は市に一本化しお願いする」と、直接、意見を持つ場を持たないという。もたれあいながら、市民の意見を塞いでしまうという作戦を取っている。

公聴会に参加した市民は、これらの情況を把握せず、理解していない方が多いようで、市が主導権をもって開発を進めると誤解しているのが殆どだ。ある種の情報統制が成功したのか、それとも、市民のレベルをよく知っているのか…。

さて、そのレベルというと…あきれ返るほどの意見と質問だ。主な発言を揚げてみる。

70代男性の意見「アメリカのファンドにJT上田工場の跡地を売ればいい」。日本売りのご意見をこんな田舎で聞くとは思わなかった。

80代と60代手前の小売業の親子。親御さんは「市が土地全部を買ったというが(勘違いしたまま発言)どうするのか?」。子は「以前、デパート跡地問題で対案を出し市に購入・開発を促したが、結局、市は何もしなかった。同じことはするな!」と釘を刺す。が、ピント外れの発言…失笑を買う。

50代の建築家は「JTのプランは市の以前の中央市街地マスタープランと異なっているので、このプランは沿ってなく認められない。私は、中央商店街はトランジットモールにする必要があるので、この土地はその駐車場にするべき」。コンサルのようなご発言。トランジットモールは人口規模、年代別人口構成、観光的魅力などなどの諸条件がそろわない限り実現することはないのに。かなり頭でっかちだ。

さらに、60〜70代の美術館建設促進組織?高齢者福祉団体?の代表の方々は、切実な施設要望を発表。この意見は真っ当かもしれない…。が、市が開発を担当するエリアに対する何やら利権争いの様相。

後は的を得た質問が3〜4…。
市とJT側はニヤニヤしながらのらりくらり、もしくは、キリリとしながら検討はこれから…とぼやかしていた。

市とJTをきりきり舞いにする展開とはならなかった。
生活がどうなるのか、暮らしがよくなるのか、街が何処まで変わるのか、中央市街地のお年寄りの買い物には影響はないのか、中央商店街は大丈夫か…などのイメージに乏しい発言ばかり。市民が暮らす街のターニングポイントのはずなのだが…。

やはり…JT上田工場跡地再開発は、JT側のプランで進んでいく。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/702749

この記事へのトラックバック