2007年11月29日

竹馬の友 不定期呑み会

DSC_0003.jpg
Photo≫我がアトリエでオーディオ談義をする幼馴染で医師のY関和氏(左)とサーロジック社長の村田研治氏(右)

先週末、北海道から(たまたま日記/2006年10月09日)(小言甘辛放談2004年4月11日)竹馬の友のY関和氏がやってきた。
この数年、年1回ペースとなりつつある1泊2日の「幼馴染不定期呑み会」と、彼がセットした我が町に移転した「サーロジック視察」のための帰郷だ。

何時もながらの嬉しい誘いであり、有意義な時間となる2日間だ。
朝、酒の肴となる「大根の豚角煮」を仕込んで火に掛け、昼過ぎ、薪割をしながら彼が到着するのを待つ。
軽のオープンカーのエキゾースト音が聞こえ、やってきたかと思えば、何故か排気音が遠のく。去年と同じところで、同じように迷ったようだ。おいおい…と、呟いでいると笑顔で到着。

例によって何本かの銘酒とロイズのチョコレートが手土産だ。が、ロイズのチョコは我がブログにおいて前評判で「プチ炎上」したため、かなりの気の遣いよう。彼曰く「取り合いになるとマズイから、幾つか置いていくよ…」。
すみませんねぇ。

一服してから、2年前に我が町に移転してきたというオーディオのルームチューンのパイオニア・サーロジックへ視察に…。

何故こうなったかというと、最近、Y関氏が自身のオーディオルームにサーロジックのDSPドライブ・スーパーサブウーファを導入。住所を聞けば真田町の傍陽に会社がある…となり、ならば「竹馬の友の呑み会」を兼ねて、工場視察となったのである。

古民家を全面改装中の本社に村田氏を訪ね、奥様の手作りケーキとお茶を頂きながらお話を伺い、その後、工場で製品や試作品を見ながらオーディオのルームチューンの話しで、あっという間の2時間。会場を我がアトリエに移して、第三ラウンド(ご覧の写真をパチリ)。

DSC_000199.jpg
Photo≫第三ラウンドのお茶請けは、お笑い手土産・超レアな「白い恋人」

DSC_000299.jpg
Photo≫パッケージ裏の製造年月日と賞味期限表示

DSC_000499.jpg
Photo≫一つ一つに製造年月日と賞味期限表示がしてある上、3づつを透明テープで封印

第三ラウンドのお茶請けは、Y関氏のセンス溢れるお笑い手土産・超レアな「白い恋人」で、皆爆笑。
引き続き村田氏の様々な経験に基づいたオーディオに関する分かりやすい話を聞き、来年完成する試聴ルームで再開することを約束し、第三ラウンドが19時頃終了。

その後、オヤジ期に突入した竹馬の友2人の呑み会となった。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
ロイズは美味いなぁ。
やはり、酒を含んだ大人の味と香りが
たまらないなぁ。
竹馬の友さん、ご配慮ありがとうございました。
朝から煮込んだ大根の豚角煮も美味そうだなぁ。
これは翌日、煮凝りもチャーハンに利用して召し上がったそうで・・・のらヨダレ・・・。
Posted by のらねこ at 2007年11月29日 16:26
朝ごちそうになったチャーハン、絶品でした。前日のアテの残り、漬け物やらチーズやらとともに、香ばしい香りのニンニクが、飲み疲れてだらけた胃袋を活性化してくれました。
もちろん、大根も豚もとろとろで美味しかったよ。

のらねこさん
どういたしまして。
そのうち、また、お届けします。
Posted by 和 at 2007年11月30日 17:30
何やら気になるチャーハンのようで…。
では門外不出のレシピをオープンにしますよ。などと言いながら単なる即興料理であります。

「翌朝のチャーハン」レシピ
《材料》
1・大根の豚角煮の煮凝り→ラードとタレに分ける(aラードは炒め油/bタレは味付け)
2・ニンニク/1ケをスライス
3・白菜/3枚を千切
4・大根/輪切り2センチを千切
5・粗挽きウインナー/4本を斜めに輪切り
6・シメジ/三分の一株
7・漬物/大根とキュウリとごぼうの味噌漬けを微塵切り
8・ご飯/丼3杯分
9・10年ものボルドーワイン赤/大さじ4杯
10・13年ものボルドーワイン赤/大さじ3杯
11・チーズ/カマンベールを3切れ
12・チーズ/8年ものミモレットの薄切り3枚
13・チーズ/パルミジャーノ・レジャーノの薄切り3枚
14・岩塩
15・ミックスペッパー

《調理》
T/1aをフライパンに溶かし2を強火で炒め、香りが付いたら3〜6を入れ炒める。
U/4の大根がやわらかくなってきたら7を加え、1bと9と10を注ぎ更に炒める。
V/11から13を加えてチーズが溶け始めた頃、8を入れて混ぜながら炒める。
W/14と15で味を調整しながらフライパンを勢い良く振りながら炒めて、一時、中火で置く。
X/ご飯に焦げが出来るのを確認し、火を強くして、焦げを切るようにしてチャーハンを仕上げ、大皿に盛る

いや〜覚えてますね…創作料理のレシピ。しかしながら、もう一回、食べたくても違う物になってしまっう。それも旨いのですな…酒呑みですなぁ。
でも、材料を冷静に見ると、立派な「フランス料理」のような気がします。
Posted by 州庵 at 2007年11月30日 19:53
チャーハンレシピを拝見し、思わず
「●●●さぁ〜」と下品な悪態をついてしまいました。州庵さんにしていただきたいのは、
レシピの公開ではなく、幻のカレーパーティーに続く「大根と豚角煮・チャーハンパーティー」
ですニャ。
Posted by 猫三姉妹 at 2007年12月01日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7338474

この記事へのトラックバック