2006年06月27日

昨年からの"朝の花道"

DSC_8452.jpg
Photo≫花の時期、毎朝楽しむ"活花"

昨年から年甲斐もなく"朝の活花"を日課にしている。

私なりのルールは、気軽に花を楽しむことを第一とし、"華道"でなく"花道"と気楽に構える。
そして、必ずガラスの器を使う。ズボラ者には水の汚れがわかり、実に使い勝手がいい。
花・葉・茎・根の部分的な組合せや、鉢植えのように全てを使うなど、自由な発想を楽しむ。雑草や花卉などの区別も関係なしだ。

最近、気に入っているのは"スミレと薔薇"のコンビネーション。

起床してからの行動パターンは…

@お湯を沸かし珈琲を淹れる
A珈琲を飲みながら葉巻を味わう
B新聞を取りに行きながら庭の花の様子を見る
C活ける花の組合せを考えながら、珈琲と葉巻を楽しみ、新聞に目を通す
Dアトリエ内3つのガラスの器にインスピレーションで花を活ける

そして、朝飯をとり午前中の仕事に取り掛かるのである。

"安藤…狂ったか?"との声が聞こえてきそうだ。

しかしながら、朝からの楽しみである葉巻と珈琲に追加された創作的お遊びは、一気に眠気を消滅させ、脳みそのアイドリングにピッタリなのである。また、"活花"の出来不出来から、本当に頭が目覚めているのか…チェックできる。

センスを問われると、かなり"?"がそこら辺を浮遊するが…

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
この記事へのコメント
お正月の、なんてんと日本酒の写真を見て・・・流石にすばらしいですが・・・このなんてんは、誰が活けたのだろうかと、疑問を抱いていましたが、ま、ま、まさか・・・・


そう来ましたか!


Posted by 花形ミチル at 2006年06月30日 00:21
まだお見せしていない「隠し芸」があるのですぞ!
はっはっはっ!
Posted by at 2006年07月17日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/908274

この記事へのトラックバック