2006年07月09日

電力会社による「雨、雷雲、雷」情報の優れたサイト

IMG_0491.jpg
Photo≫東京電力が運営するサイト「雨、雷雲、雷情報」

只今、我がアトリエが鎮座する上田市真田町が含まれる東信エリア(長野県独自の表現で、東は千曲市から上田市、小諸市、軽井沢町、佐久市、小海町などの八ヶ岳北東山麓、千曲川の源流がある川上村を示す)に「雷注意報」が発令された。
夏はアウトドアのトップシーズン、山国信州では雷雨には特に注意したい。
山歩きや渓流釣り、野営を趣味とし、信濃路をくまなく取材で歩き回る我輩も、行動を起こす前に、必ず詳しい気象情報を入手する。

そこで、先程、我がホームページのトップに「雨、雷雲、雷情報」のサイトをリンクした。地方気象台、日本気象協会、民間気象予報サービス等以外が運営する雨、雷雲、雷の情報として、優れたサイトに電力会社のものがある。
「意外…」と思われる方もいるだろう。

電力会社は長年、落雷被害による送電線事故に苦しんできた。そのため、雨量や雷雲、落雷の情報を得るためレーダーなどを整備し、危険箇所の把握、素早い復旧と二次災害等の回避に努めてきた。
東京電力「雨量・雷観測情報」情報画面は6分毎に自動更新
中部電力「雷情報」情報画面は3分毎に自動更新

ちなみに、我がアトリエのある場所は、見えづらいかもしれないが…白のアイコンの辺りである。群馬県嬬恋村の西側の長野県境を少し下ったところだ。

ここ数年、局地的な集中豪雨が多発する傾向にあり、アウトドアレジャーで大雨によって川の中州に取り残されたり、また、落雷による死傷者などのニュースが多くなりつつある。

美しい信州でアウトドアを楽しみ、心身ともにリフレッシュし、よい思い出を心に刻むためにも、「気象情報」を取るように心掛けたい。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 異常気象
この記事へのコメント
良い情報ありがとうございます。

何かと使えそうですね。
Posted by よたまえ at 2006年07月17日 22:55
まいど。
なかなかのサイトでしょ。
使わなゃ損々!
Posted by 州庵 at 2006年07月17日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/952116

この記事へのトラックバック