2006年07月19日

長野県に大雨・洪水警報発令中。千曲川支流の一級河川・神川の増水

DSC_8470.jpg
Photo≫アトリエのすぐ傍を流れる千曲川の支流・一級河川神川の増水

大雨、洪水警報発令中。
「過去数年間で最も土砂災害の危険性がある」と厳重な警戒態勢をとるよう気象台と行政が注意を発している。

梅雨前線が活発化した影響で、15日から長野県内で続いている雨が、一年の1/3の量に達したという異常な情況になっている。特に木曾御嶽山、上高地付近では600o以上に達し、記録的な降雨量という。

昨日、18日から県内各河川が「特別警戒水位」になり、伊那市や箕輪町、諏訪市、茅野市、岡谷市、大町市などが対策本部や警戒本部を設置。洪水や土砂災害に夜を徹して警戒してきた。

一夜明け、早朝、上田市では川の増水による道路陥没で新聞配達の車が流され、午前中、岡谷市から伊那市で土石流、また、箕輪町の天竜川で堤防決壊など甚大な被害が続いている。
現在の段階で5人死亡、6人行方不明。ご冥福を祈る。
避難している方々も数千人にのぼり、不安な数日を過ごしている。

我がアトリエ付近を流れる千曲川の一級河川支流・神川も、朝から増水し始めた。
また、昼頃には上流の菅平ダムが満水になったようで、放流開始サイレンが鳴り、消防団の見回りが頻繁にあった。
写真は17時頃の神川の様子である。危険水位まで増水していないようだが、大きな岩が流されているようでゴーという地響きが聞こえる。

梅雨前線が南下し、現在、雨は降っていない。明日からまた前線が北上するようで、大雨への警戒はまだまだ続く。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 異常気象
この記事へのコメント
毎回大雨で、河川が増水する時、ダムの水が満杯になって、放流している様な気がしますが、天気予報で大雨の影響が分かるはずなのに、ダムの水を空にする等の対策をしていない事に疑問を感じます。
Posted by 消防団員A at 2006年07月20日 00:55
今回はどうなのでしょうね。何時もなら水量の調整をしていますが…。
でも、消防団員Aさんは、毎日、ダムを見ているのですよね。だから疑問なのですよね。
15日からの大雨情報は、ダム管理事務所に入っているはずですから、ダムの水量調整はしていたと思いますよ。昨日の放水も遅かったから、調整の後に流したのでは…。
その昔、水量調整は主に熊ノ平への隧道を使って少しずつ行っていると聞いています。
たしか24時間体勢で「放流=発電」をしていると言ってましたから、満水時でも流して調整していると思いますが…。
Posted by 定年制で消防団に入れなかった州庵 at 2006年07月20日 12:29
そうだったのですか・・・・




おいらは、定年の年を過ぎてしまったのですが・・・・・・
Posted by 消防団員A at 2006年07月20日 23:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/997782

この記事へのトラックバック