2010年07月06日

森村誠一・松田優作の「人間の証明」の舞台『霧積温泉』

久々の温泉シリーズだ。
ここ数年、呑み仲間の橋場氏と嵌っている温泉がある。ひとつは松川渓谷温泉の『滝の湯』、もうひとつが紹介する霧積温泉の『きりづみ館』だ。

日本映画好きならご存知、森村誠一原作・松田優作の出演の「人間の証明」の舞台なのである。

映画のワンカットで忘れられない有名な台詞「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね ええ、夏、碓氷峠から霧積へ行くみちで 渓谷へ落としたあの麦藁帽ですよ…」は、この温泉への道、林道を場面とした森村のひらめきであり、劇中でもコンセプトを表す重要な件なのである。

信越本線の旧碓氷峠、軽井沢横川間の旧国道18号線からの入り口。横川から数キロ地点の二股を、右に、林道のような道に入り、鉄道施設群を目指して北上する。

RIMG0074.jpg
Photo≫二股の地点

RIMG0076.jpg
Photo≫鉄道のガードは、信越本線の旧碓氷峠、軽井沢横川間の鉄道施設群の一部

RIMG0077.jpg
Photo≫左の土手の上に「旧信越本線の碓氷峠」の電柱と架線が見える

RIMG0102.jpg
Photo≫現着直前に姿を現わす滝。周辺は有名な岩魚の釣り場

RIMG00891.jpg
Photo≫水車がシンボルの霧積温泉『きりづみ館』。山の中の一軒家で、ここから小一時間のところにもう一軒の宿がある

RIMG0101.jpg
Photo≫エントランスにあるショーケースには、かつてこの地が軽井沢が栄える前のリゾート地で、明治の中頃には別荘や商店が建ち、一時期大発展していた当時の写真や古地図、発掘の品々が展示してある。また、森村誠一のサインやロケ隊の写真も

RIMG0100.jpg
Photo≫明治時代の六角風呂を再現した風呂へは階段を、右の廊下を進むと岩風呂へ。時間帯によって男湯と女湯に入れ替わる

RIMG0090.jpg
Photo≫風情ある六角風呂。泉質はカルシウム硫酸塩泉、湯花が舞うキラキラした湯で、実に軟らかくしっとりし、じっくりと温まってくる

「霧積温泉入り口、坂元の町終り」から距離にして約9Km、狭い林道のような県道を進む。
ポッカリ開いた山郷は、明治中頃に栄えた地だが、今はその面影もなく群馬を代表する山奥の秘湯となっている。
この地の歴史を伝える宿は、大きな栃の木のうろを使った囲炉裏がある玄関横の大座敷など実に趣があり、与謝野晶子が「はつあきの霧積山の石亭 六方の窓霧にふさがる」と詠んだ宿である。
鼻曲山登山、旧中山道碓氷峠にある熊野皇大神社(軽井沢)までのコースなどの自然歩道ハイキング、霧積川では渓流釣りが楽しめ、近くの小根山森林公園は野鳥の種類日本一という。

フッと、松田優作の姿が現れてもおかしくないほど独特の雰囲気を漂わせる温泉なのである。

群馬県安中市松井田町坂本1668 電話/027−395−3865

安藤州平Webアトリエ


【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】

posted by 州庵 at 01:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉

2007年10月16日

久々!信州温泉シリーズ、大町市・籠川渓雲温泉

DSC_4050.jpg
Photo≫籠川渓雲温泉。くろよんロイヤルホテル内

露天風呂に浸かりながら、この一月の仕事、世の中の動き、ニュースなどに思いをめぐらす。実に滑らかな湯で、温度もちょうど良く、ついつい長風呂に…。

はぁぁ〜。

いろいろ時事ネタを書きたいのだが、心から温泉を求める我輩は、少々ゼンマイが切れ気味の状態なのである。

DSC_4045.jpg
Photo≫美しい森の中の露天風呂

DSC_4044.jpg
Photo≫広々とした内湯

ところで、この籠川渓雲温泉はくろよんロイヤルホテル内にあり、日帰り入浴ができる。リゾートホテルとはいえ大人600円、子供500円という低料金。日帰り温泉の営業時間は13時〜20時で、ほぼ定休日なし。
深い森の中を進む黒部ダムに通じるアルペンライン沿いにあり、立川黒部アルペンルートの入り口である扇沢に最も近い。
日向山高原の美しい森の中に突き出した露天風呂は、源泉かけ流しで、森林浴も同時に楽しめそうだ。内湯には檜風呂もあり、異なる温度となっていて、こちらも当然ながら掛け流しの天然温泉(単純温泉)。効用は神経痛・筋肉痛・慢性消化器病などだ。

これから黒部アルペンルート方面は紅葉狩りシーズン。是非、立ち寄ってもらいたいお勧めの温泉である。

安藤州平Webアトリエ






【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2006年05月06日

信州須坂仙仁温泉"岩の湯"のある集落の桜満開

DSC_1511.jpg
Photo≫信州須坂仙仁温泉の集落、仙仁大権現の桜

今年の信州は、菜の花から桜、桃、林檎など全ての花が同時に咲いている。珍しい春だ。初めて信州を旅する人々は、実にラッキーなシーズンなのである。
信州は南北約230q、東西約130q、高低差は2700mと広い。また、山国では谷と山の斜面の方向で、花の咲くタイミングが変わる。花の種類も多い。旅なれた方ならご存じだろう。

この桜は、我が集落から菅平高原をぬけ、須坂市におりた仁礼という山里、信州須坂仙仁温泉"岩の湯"のある集落、仙仁大権現の古木だ。

仙仁温泉岩の湯は、昭和37年と比較的歴史の浅い宿だが、いつの間にか…落ち着いた高級旅館になった。35年ほど前、家族旅行でよく行ったものだ。

岩の湯の面白さは温泉にある。洞窟の仙人風呂は、上杉謙信の隠れ湯として将兵の傷を癒したのが始まりという。岩窟の奥深くの湯煙の中に仙人の姿が見えたために、仙人風呂と名付けられたのだ。入口から奥まで30メートルある洞窟の中には、無色透明の硫黄泉が滝のように蕩々と流れ、所々を堰き止め、幾つもの岩風呂が連続しているようになっている。源泉はぬるめで、掛け流し。洞窟内を移動して、長時間お湯を楽しむことが出来る。建物内の内風呂は加熱しているので、また、違ったお湯を味わえる。その昔は日帰り入浴もあったが、高級旅館になってからは行っていない。

女性専用時間もあるが、ほとんどの時間は混浴。使い放題のバスタオルが用意されており、男女ともこのバスタオルを巻いて入浴するようになっているので、混浴は全く気にならない。バスタオルを巻いて入浴しても、湧出量が多いので、全く不潔感もない。

11ヶ月前から予約できるが、週末は予約で一杯になり、なかなか予約をすることのできない「日本秘湯を守る会」に加盟する人気の一軒宿だ。はやくから予約で埋まる分、こまめに電話を入れるとキャンセルが出る場合が多いので、本当に泊まりたい方は、毎日のように電話してみることが秘訣だ。

岩の湯の写真は貼らないが、この説明でイメージできただろうか…。

安藤州平Webアトリエ






【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2006年03月09日

JT上田工場跡地利用検討委員会 〔信州温泉シリーズ2 姫川温泉露天風呂〕

Img00461572DSC_0577.JPG
Photo≫信州 小谷村 姫川温泉の屋上露天風呂

先ほど、ある会合から帰ってきた。

上田市の中央商店会が作る上田商業21世紀会の研究会「JT上田工場跡地利用検討委員会」に一市民として意見を述べよと、ゲスト参加してきた。

長野県上田市は3月6日、近隣町村の丸子町、真田町、武石村と合併し16万を越える新生上田市になった。4月9日には市長選、市議会選をひかえている。約6万坪のJT上田工場跡地はJR上田駅の西側にあり、上田城がある千曲川の河岸段丘の下、千曲川沿いの広大な土地だ。開発の内容によっては、JR上田駅から北に広がる中央商店街に甚大な影響を及ぼす。

JT側は不動産ファンドを使い、商業ゾーンと公共施設ゾーン、住宅開発ゾーンから成る基本プランの概要を先月末、市に説明した。具体的にイオン、セブンアンドアイ、マイカル、イズミなどをこれまでの開発パートナーと揚げ、商業ゾーンは最低でも5ヘクタールとなる。

ところで、一市民とはいえ、我がアトリエの業務には民間開発・公共開発のプランニングがあり、長年、中央のコンサルタントの外部ブレーンとして活動している。アトリエの実績
また、様々な開発や街並み再生、まちおこし事業などの経験から、上田市の松尾町商店会の活性化策フリーペーパー事業「バイマンスリー・ペーパー真田坂」の編集、発行をプロデュースしており、こんなに特殊な一市民はいない。地方商店街まちおこしレポート

ボランティア精神で参加したが、なかなか暢気な会合だった。
ワークショップ形式のグループ討論で、思いついた施設などを上げ付箋に書き込み、発表するというもので、何やら小中学校の総合学習の雰囲気。
私が参加したグループのメンバーは、危機感の多い方が多く「このような方法で進んでいって良いのか?」との意見が大半。

これまでの経験をもとに推測すると、現時点で、かなりのレベルのプランをJT側はもっているはずである。工場閉鎖を決定した時点で、資産運用のシミュレーションをするのにプランがなければできないからだ。また、ここ数年の市の開発を見ていると、JR上田駅温泉口(千曲川側)の整備、上田電鉄別所線の高架化、上小30計画という道路整備計画構想、千曲川護岸道路の拡張、常田橋整備を見る限り、JT上田工場跡地の再開発は織り込み済みと見るべきである。

開発において、同じテーブルにつき中央商店会と共存共栄していくものにするには、全面交渉、条件交渉、共存共栄方策検討、全面協力といった幾つかのパターンで対案を検討し、市を窓口に、JTサイドのプラン進捗を探りながら、各カードを使ってキャッチボールするしかない。

ちなみに、平成9年度に実施された「上田市まちづくりアンケート」で、上田の嫌いなところは?という設問で最も多かったのが「都市整備の不満」、次いで「中央商店街」と続いたのである。また、本年度行われた長野大学のあるゼミの調査では「良く行くスポット」に、一昨年増床された「ジャスコ」とあった。唯一の大型スーパーがスポットとは…情けない。この結果は、消費者が中央市街地に集客型の複合商業施設を必要としていると示している。

何れにせよ「JT上田工場跡地利用検討委員会」は、消費者から中央商店街のエゴに直結した反対行動と見られることなく、JT跡地の再開発と共存共栄を目指しながら、市民参加シンポジウムなども開催し、消費者の声にも耳を傾け、市民とともにJTサイドのプラン検討のテーブルにつける存在とならなければと思うのである。

安藤州平Webアトリエ




【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉

2006年03月08日

Webアトリエの3周年を記念して

DSC_0014.jpg
Photo≫信州 南木曽町 滝見温泉にて一服

ついにブログをスタート。
流行りモノには斜に構える性質だが、アナログ思考でWebを構築してきた私には確かにブログは便利。
何時まで続くか…毎日書けるか…分からない。が、甘辛コメントで世の中を観察、場合によっては斬っていく。

安藤州平Webアトリエ共々どうぞ宜しく。






【銀塩・デジタル・プロ用品・中古/新宿マップカメラ】
posted by 州庵 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉